ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
このブログは、ゲームや漫画や攻略本やサントラのレビューサイトです。

レビューは  こちら  をクリックすると一覧が表示されます。

[はじめに - このサイトについて]の続きを読む
スポンサーサイト
ジャングルの王者ターちゃんジャングルの王者ターちゃん
(1994/09/18)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る


ゲーム化された「ジャングルの王者ターちゃん」


アニメ放映の便乗によるキャラゲーなので、アニメ版のボイスつきです。
微妙に岸谷五朗が「ターちゃんパンチ!」などと叫びます。
微妙にみさえが「頑張ってね!」などとしゃべります。

このゲームのポイントといえば、ボイスなどではありません。
なんといっても滑らかな動き。
ジャングルの王者ターちゃんが、プリンス・オブ・ペルシャを彷彿とさせる滑らかな動きを見せてくれます。
そして、プリンス・オブ・ペルシャを彷彿とさせる、しがみつきなどのアクションで、
プリンス・オブ・ペルシャを彷彿とさせる難易度のステージを突破して行きます。

そして、キャラゲー部分がアクションに噛み合っています。
動物パワー・アルマジロで転がって狭い通路を突破したり、
動物パワー・ラッコで水面を高速移動したり……。
動物パワーの設定がうまくアクションと絡んでいます。
また、敵の攻撃をフニフニ避けでかわしたり、
ムササビ飛びで飛行したり。
ギャグのような得意技も、ゲームでは立派なアクションとして活用されています。

なかなか良作キャラゲーの体を成しています。


ただ、嫌らしく理不尽ステージ構成や、雑なボス戦など、惜しまれる部分も多々あり、結局、色物ゲームになってしまっています。
もうちょっと詰めれば名作キャラゲーになっていたかもしません……。
真・異種格闘大戦 1 (アクションコミックス)真・異種格闘大戦 1 (アクションコミックス)
(2005/02/28)
相原 コージ

商品詳細を見る



「地上最強の格闘技は何か?」

  の時代を越えて

   「地上最強の生き物は何か!?」

     の時代が訪れる




相原コージが描く、異種格闘漫画。
しかし、題材は、異種格闘技の戦いではありません。
生物同士の格闘。
人間とカバが戦ったり、サイとライオンが戦ったり、クマとゾウが戦ったり……。
そう、あの生物とあの生物が戦ったらどうなるのか?
格闘技ファンならぬ、野生動物ファンの夢を漫画上で再現してしまうという斬新な漫画です。

実際に戦うわけではなくストーリー性を持たせているので、現実の結果とは異なるとはいえ、ちゃんと動物豆知識を元にバトルを構築しているので、それなりに説得力があります。
結構残酷だったり、グロテスクなところもありますが、それも大自然の宿命。

やはり一番のポイントはアイデアかな。
異種格闘技漫画が続発してきた中、動物同士の格闘というのは史上初(多分)。格闘技と違って、この手の動物漫画はやった者勝ちなところがところがありますし、後にも先にも似たような漫画は出てこないでしょう。



作者のかつてのヒット作からのゲスト出演もあります。その結果は………でしたが。
監修 日本常識力検定協会 いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS監修 日本常識力検定協会 いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS
(2006/10/26)
Nintendo DS

商品詳細を見る


常識力ということで、常識的な知識を身につけていくトレーニングゲームです。


「大人の脳トレ」シリーズの派生みたいなところがあって、
・1本のソフトで複数人のセーブが保存でき、比べることができる
・1日にできる問題に限りがある
・効果音が脳トレの使いまわし
といった共通点があります。

さて、具体的にはどんなゲームなのかというと………。
ぶっちゃけると、クイズゲームです。
普通のクイズゲームにはあまり見られない、マナーや敬語といった設問が多いとはいえ、常識的な教養問題として「ダビデ像を作ったのは誰?」とか、常識的な歴史問題として「室町幕府を開いたのは誰?」とか。それって普通のクイズです。確かに常識的な問題ですけれど、それを言ったら何でも常識なわけで。
てっきり、マナーや礼儀、政治経済、国際状勢など社会で役立つ問題メインなのかな……て思っていたので、ちょっと拍子抜けしました。歴史の問題が全問正解できたところに「全問正解です!あなたは常識的な人です」と言われても、なんかちょっと違うな……と思えてしまうのです。この辺は認識の違いかもしれませんが。

じゃあ、そこら辺のクイズゲームと同じなの?……と思われたかもしれませんが、実際はちょっと違います。

問題の1問1問に丁寧な解説が施され、何故それが正解なのかを教えてくれます。なので、知らなかった知識を正しく身につけることができます。
このあたりが単なる○×で解決するクイズゲームとは違います。


ただ、脳トレと同じく、毎日少しずつしかプレイできないのが辛い。一日にプレイできる問題数が30問程度に抑えられているので、次々プレイしたい時に困ります。また、1日にプレイできる問題が1ジャンル5問固定なので、1つのジャンルを重点的にプレイしたいといったニーズには応えられません。また30問全てが知ってる問題だったりすると、時間を無駄に過ごした気がします。


常識力という着眼点は非常に好みだったので、1日にプレイできる問題に制限が無ければ……と思うのでした。
毎日ちょこちょことプレイするのが好きな人には向いてるかもしれません。
孔雀王 曲神紀 12 (ヤングジャンプコミックス)孔雀王 曲神紀 12 (ヤングジャンプコミックス)
(2010/03/19)
荻野 真

商品詳細を見る


未完で終わった「孔雀王 退魔聖伝」
その続編として10数年ぶりに復活した「孔雀王 七曲紀」
復活した当初はそれはそれは「奇跡の復活、あの続きが読めるのか!」と喜んだものです。


しかし、まさかまた打ち切りになるとは……。
しかも、あと1巻分で完結になるというところで
本当の戦いはこれからだ!というところで。
作者曰く「出版業界の不況」のせいらしいですが。
……まぁ、人気が無かったからだよね
人気があったら、週刊少年ヤングジャンプから月刊少年ジャンプに島流しになったりしなかっただろうし、そもそも打ち切りの候補にあがらない。
正直、本筋から外れまくってたバンド編とか酷かったし、人気のあるキャラクターを放置しっぱなしにしてたし、そりゃあ人気が陰るのも無理はないかと。
和田アキ子が出たときは笑ったけどさ


あと10年待つので、次は完結させてください。
作者の荻野真先生の本当の戦いはこれからだ!
がんばれ!パンダ内閣 1 (プレイボーイコミックス)がんばれ!パンダ内閣 1 (プレイボーイコミックス)
(2005/03/18)
つの丸

商品詳細を見る


毒のないタイプのつの丸作品。


客寄せパンダという言葉があります。
「店やイベントなどにおいて関心を引いて客を集める為の人物など。 動物園でパンダが大きな集客効果を持つことから転じた」
という意味ですが、そのパンダ役を本当のパンダにやらせてみよう。
という、洒落を効かせたところがコンセプトとなっています。
動物が当たり前のように人間と会話する「つの丸ワールド」だからこそできた作品です。

そして、パンダが首相となったパンダ内閣が(首相が客寄せパンダ)、外交をこなしたり、狂牛病に立ち向かったり、裏金に巻き込まれたりするおはなしです。


当時の背景としては「小泉純一郎」人気に頼った自民党の選挙態勢もあって、パンダ内閣という作品自体がひとつの風刺となっています。
しかし、そこ以外は、あまり風刺が効いておらず、政治ネタも少なめ。どちらかというとパンダの可愛さを売りにした「癒し系アニマル漫画」となっています。それはそれで良いのかもしれませんが、連載していた雑誌が「プレイボーイ」。雑誌のカラー的には、政治ネタを主にいれた「毒のつの丸」のほうが合っていた気が。

アイデア自体は非常に良かったのですが、イマイチ面白みにかける作品。
今なら、「首相の客寄せパンダぶり」「絵柄の可愛らしさ」を売りにするために首相役を萌えキャラにしてリメイクすればそこそこヒットするんじゃないかな……と思ってみたり。


PS 巻末書きおろしには、とあるつの丸キャラクターが出演しているので、つの丸ファンは必見です。
天職貴族モン次郎 1 (ジャンプコミックスデラックス)天職貴族モン次郎 1 (ジャンプコミックスデラックス)
(2005/05/02)
つの丸

商品詳細を見る


毒のあるタイプのつの丸作品。


「おさるが主人公」ということからもお分かりの通り、つの丸ギャグの代表作「モンモンモン」のカラーを受け継いだ作品です。
連載当時は、あのモンモンモンが形を変えて帰ってきた!と大喜びしたものです。

天職貴族モン次郎(おさる)が、様々な職に転職し、めちゃくちゃにかき回しながら、自分にあった天職を探す、シュールなギャグ漫画。
第一部は、毎回違う職業を舞台とした「転職」編。
第二部は、ビジネスマンとして出世を遂げる「天職」編となっています。(勝手に命名)
シュール、下ネタ、ブラックなどなんでもありなネタの一方で、周りが勝手に勘違いして主人公に惚れ込んでいくストーリーも、まさに「モンモンモン」の続編。しかし、驚くほど当時と絵柄が変わっていない。なんと完成された漫画家なんだつの丸は……。

「モンモンモン」ほどの衝撃はないかもしれませんが、これぞ「つの丸ギャグ」と言える作品なのは間違いありません。オススメ。
デュエル・マスターズFE Volume1 (コロコロドラゴンコミックス)デュエル・マスターズFE Volume1 (コロコロドラゴンコミックス)
(2005/08/26)
松本 しげのぶ

商品詳細を見る


無印全18巻の後に登場した新シリーズ。


物語が進むに連れて、販促漫画になってきました。
ホビー系の漫画なのである程度、この流れは致し方ないのですが、無印から、このFEに移ってが特に顕著。

カードゲーム漫画というと、「遊戯王」が有名ですが、遊戯王は、あくまで漫画のカードゲームがメインで、そこから派生してホビーのカードゲームが生まれてくる……という流れでした。
なので、漫画はあくまで漫画として楽しめる。
そして、漫画の中に登場したカードから、ホビーとしてのカードゲームのカードが登場する。
最近では、新シリーズが続々と投入され、若干ホビーよりにはなってきましたが、依然として漫画がメイン。ホビーはそれに追随。その形は変わっていません。
ホビーのカードゲームを知らなくても、漫画だけを楽しむこともできます。

しかし、デュエルマスターズにおいては、漫画内カードゲームとホビーとしてのカードゲームのリンクが強すぎます。ホビーとしてのカードゲームを売りたいがための漫画内のカードゲームという印象を受けます。
なので、何の脈略もなく新しいカードが登場しますし、読者に一切説明なく新しいカードの特殊能力を披露します。ホビーとしてのカードゲームを知らない人にはサッパリです。
まぁ、「カードゲームをプレイしている子供のためのカードゲーム漫画」と、割り切ってしまえばいいのかもしれませんが。
無印の中期くらいまでは、ルールやカードの説明もしっかりとなされ、カードゲームを知らずともストーリーを楽しめる漫画だったので、非常に残念。

ホビーのカードゲームが3~4ヶ月ごとに新カードが販売され、そのたびに新しいルールが投入されるという、めまぐるしい展開をしているので無理もないかもしれませんが……。
メインたるストーリーはいかにも「少年漫画」という作りで好感を持てていたのですが、これはさすがについていけん。
きららの仕事 1 ―ワールドバトル― (ジャンプコミックスデラックス)きららの仕事 1 ―ワールドバトル― (ジャンプコミックスデラックス)
(2008/05/02)
早川 光、橋本 孤蔵 他

商品詳細を見る


前作のスシバトル21で、鮨職人日本一となった坂巻と、ヒロインきららが世界に挑む……ということで、タイトルも新たに「ワールドバトル編」となって新章開始!


と言っても、やってることは前作と変わりありません。鮨勝負の繰り返しです。むしろサブタイトルに「バトル」が入った分、露骨になっています


それはさておき、ストーリーは……というと、
前作の「スシバトル21」がスケールアップして、世界規模の国別対抗戦に発展。第1回のワールドスシバトルが開催されます。しかし、そこで待っていたのは、日本チームの惨敗。スシの本場たる日本はプライドをズタズタにされます。
しかし、日本にはまだ希望がありました。というのも、日本チームにはスシバトル21の優勝者・坂巻と準優勝者・きららの二人が不参加だったのです
「彼らの力をもってすれば、雪辱を晴らせる」と誰しもが思った、そんな中、第2回ワールドスシバトルの日本チーム代表を決める選考会が開催されることになり……。

そんな話です。
非常に上手い導入部で、今後が気になる出だしです。しかし、やることは前作とまったく同じという
ひたすら鮨勝負の繰り返しだという。

しかも、かなり先が読めてしまう展開なのがつらいところ。
日本代表チームに選ばれる人数が3人という時点で、坂巻ときららが選ばれるのは間違いない。なので、最初から予選は消化試合みたいなものになってしまいました

となると、後は、盛り上がる試合展開になるかですが、
アイデアの盛り込まれた新作スシ、握りの必殺技、個性的なライバル、白熱する審査……どれもこれも前作の焼き増しに過ぎません
早い話がマンネリです。
まぁマンネリしてても、勢いや面白さは相変わらずなのがせめてもの救い。坂巻がヒロインきららを差し置いて、美味しいところを全部かっさらっていくのも相変わらずです
舞台を屋内から、南国の島へと移した「スパイVSスパイ」


今回は島にバラバラに隠されたロケットの設計図を集めて島を脱出することが目的です。
南国らしく、ヤシの実爆弾、落とし穴、地雷(!?)などのトラップが満載です


前作はビルの中が舞台で、どの部屋も似たような構造だったために、いくら部屋を移動しても代わり映えがなく、ビジュアル的に寂しいものがありましたが
今作では、南国っぽく、ヤシが生い茂り、青空と海が広がり、ビーチもある……と、華やかな見た目になりました
ステージも異なれば風景も異なるので、ステージの違いを目で感じることができるようになりました。

正直、トラップのレベルが大掛かりになり、スパイのイメージからかけ離れてきましたが、ゲームとしては面白くなっています。
全作よりも駆け引き要素が増し、2人対戦がめちゃくちゃ熱かった!当時の接待ゲームとして、非常に重宝していました。

ストーリーモードなどがないので、一人でプレイしても、虚しいだけなのは相変わらずです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。