ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ビタミーナ王国物語ビタミーナ王国物語
(1992/09/17)
GAME BOY

商品詳細を見る



ナムコが送る超B級RPG。


というのも、
・戦闘が1VS1でさびしい
・魔法やアイテムの解説が少なく分かりにくい
登場キャラや地名・敵キャラなどの固有名詞のほとんどが食品・料理に関連している
・音楽がチープ

などなど、決してA級とはいえない要素が詰まってました



ですが、B級テイストも寄せ集めて組み立てればインパクト絶大!!
B級の中でもひときわ輝いている…けれど、決してメジャーにはなりえない、そんな良さがこのゲームにはあるのです。



まず、戦闘システム。
これが1VS1のタイマンバトルでさびしいのですが、1VS1にしたなりに工夫がされており、

敵キャラのグラフィックがでかい
 1体しか表示されないので、それなりに大きなグラフィックを堪能できます。
 敵によっては、やられポーズを持っている奴なんかもいて、こだわってます。

十字キー4つ+A・B・スタートボタン の計7つで全てのコマンドが使える簡略化
 十字キーの4方向にそれぞれ一種類ずつ魔法をセット可能。
 そして、Aで攻撃 Bで回避 スタートで逃走 が出来ます。
 戦闘中につまりは、全てのアクションがボタン1つで使えると言うこと。
 簡単に戦闘が進みます。

・リアルタイムバトル
 と言ってもFFのアクティブタイムバトルではありません。
 こちらが攻撃をしないでボーっとしていると敵から攻撃してきます

・クイックセーブ
 戦闘開始前に自動的にセーブされ、もし、戦闘で力尽きてしまったとき、戦闘前の状態からゲームを復帰させることが出来ます。
 すげぇ!初心者設定!!
 しかも、力尽きた戦闘そのものを無かったことにしてくれます
 敵も出てこなかったことに
 なんか、いたせりつくせり過ぎて怖いくらい。

と、オリジナリティを打ち立てております。
ただ、戦闘中に装備している魔法が確認できなかったり、1つの戦闘に魔法が4種類しか使えなかったりするマイナス要因もありますけれどね。B級ですから


そして登場キャラクター。
登場するキャラクターは非常に豊富でかなりのキャラが登場します。
仲間になったり、敵として出てきたり、単なるサブキャラだったり。
そのほとんどが食品関係の名前を持っています。
まずは、主人公が訪れる国がビタミーナ国。
そのビタミーナ家の王女が5人姉妹で、上から、
エーナ・ビタミーナ
ビーナ・ビタミーナ
シーナ・ビタミーナ
ディーナ・ビタミーナ
イーナ・ビタミーナ

ビタミーナ家の直属の魔法使いがババロア
仲間になってくれないキャラでも、兵士のランチ、サブキャラのウォッカ、タラバ家のエリート・カニカマ…。
モンスターもアメレオン、モヤシラ、カイワレハンター、ラーユコボルト
そしてラスボスは魔王てんかぶつ(天下仏)
もうこのネーミングセンスからしてB級炸裂です。
ビタミンがビタミンHまであれば、
エフナ・ビタミーナ
ジーナ・ビタミーナ
エッチナ・ビタミーナ
とかも登場していたんでしょうか。



更にストーリーもB級テイストがあふれんばかり。

まずは、オープニング。
主人公は普通の世界の少年だったのですが、ビタミーナ王国と魔王てんかぶつとの戦いに巻き込まれ、異世界であるビタミーナ王国へとやってきてしまいます。
なんと、普通の世界の人間は、ビタミーナ王国では、秘められた力を発揮できる勇者になれるというのです。ということで、主人公はビタミーナ王国を救うために闘うことになります。
輝かんばかりのB級ストーリーです。奇跡のB級ストーリーです

そして、温泉に入るイベント。
なんと、温泉に入っている間に主人公は装備を奪われて丸裸で闘わなくてはならなくなりません。
丸裸って、意味合いとしては、装備品がなくなるってだけなんですが、グラフィックでは本当に服も無い丸裸
わざわざ主人公が素っ裸の状態の戦闘グラフィックまで用意してあるところに変なこだわりを感じます

続いては吹雪の中の雪小屋のイベント。
主人公とビーナ王女は、この雪小屋で休息を取ることにします。
しかし、ベッドは1つしかありませんでした
仕方なく、1つのベッドで眠る2人。
もんもんとする主人公。
「もんもんもん……エッチな妄想(モンスター)があらわれた!
えぇーっ!?妄想が具現化!?まさか妄想と戦闘になるとは!!
妄想に打ち勝てば、安眠できます。
妄想に負けてしまうと眠れずに回復が思うように行きません
見てください。このアイデア。超B級でしょ!

更に環境問題・食生活問題を髣髴とさせるシナリオ
例えばアイテム「ごみ」
これはアイテム欄を無駄に消費させるだけの無駄アイテムなのですが、いざ、捨てようとすると、どこからとも無く「ごみを捨ててはいけません!」とのメッセージが!(もちろん捨てれません)
どうするかというと、ショップに売るしかありません。
しかし…。
店員「ごみは1000ソルトで引き取るよ!」(ソルトはお金の単位)
………………………………………。
そうなんです。こちらが金を払って店に買ってもらわないといけないのです
ラスボスの天下仏(=添加物)も「主人公よ、私たちは、お前たちの世界が求めているものなのだ!」みたいな説教めいたことを言ってきます。
ゲームを通じて、社会問題を提起する。ここまで立派なB級ストーリー、僕には思いつかないです。




とりあえず、ファンの方は、気分を害されたかもしれませんが、超B級とは、僕にとって最上級の褒め言葉です
もっとも、このゲームのノリに着いていけない人も大勢いらっしゃると思います。
要するにストーリーにハマった者勝ちってことです。
ハマれば最高ですよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/133-7cb341ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。