ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
FINAL FANTASY SONG BOOK まほろばFINAL FANTASY SONG BOOK まほろば
(2004/03/10)
ゲーム・ミュージック清田まなみ

商品詳細を見る



過去、FFシリーズの曲に歌詞をつけてヴォーカルリミックスした作品として、「ヴォーカルコレクション」がVol.1、Vol.2と2作出ていましたが、無かったことにしての販売です。



amazonの説明では、植松伸夫が作曲・アレンジを担当とありますが、全くのデマで、アレンジは、「長谷川友二」氏です。誤情報を操ってまで売りたいamazonの商人魂には恐れ入ります

正直なところ、歌っている方の歌唱力としては、過去の「ヴォーカルコレクション」の方が一枚上手です。

しかし、「ヴォーカルコレクション」は、かなり原曲を無視している(というか、元々歌詞なんてつけられないような曲に歌がついている)アレンジで、人を選ぶ作品でした。

対して、日本語の歌詞をつけやすい曲を選曲してヴォーカルアレンジしている、この「まほろば」のほうは、全曲通して安心して聞くことが出来ます。

曲調もバラードで統一されているので、聞いてて飽きません。
ただ、
「10曲中2曲がインストゥルメンタル」
というのはどうかと…。
単にゲーム内の曲をアレンジしてるだけで、ヴォーカル関係ないし
10曲中1曲はオリジナル曲でアレンジではありませんし。ヴォーカルアレンジは、結局10曲中6曲しかありません…

ちなみに、EyesOnMe日本語バージョンは必聴です! この日本語バージョンを、絶賛するか、ネタと感じるかは人それぞれですが……。

さて、収録曲に関してですが、FF7の「忍びの末裔」のアレンジである、「雨上がり、散歩道」が、一番原曲のイメージを狂わせずに出来上がっていて、好印象でした。後は、まぁ、どうだろ。
この曲も含めて、全ての曲にいえることですが、「淡い純愛」をモチーフにした歌詞ばかりがついていて、「ファイナルファンタジーのイメージ」とまったく結びつきません。よって、多人数で聴くと気恥ずかしくなること間違いなしです。部屋で、一人ヘッドフォン着用で聴くことをお勧めします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/138-32a811d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。