ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
トラベラーズ!伝説をぶっとばせ 【PCエンジン】トラベラーズ!伝説をぶっとばせ 【PCエンジン】
(1989/12/22)
パック・イン・ビデオ

商品詳細を見る



トラベラーズという4人組が世界各地を冒険しながら世界を救うというコミカルなRPG。



後期のPCエンジンCD-ROMのRPGといえば、ビジュアルシーンが名物でした。
ビジュアルシーンとは、特定のイベントが発生したときに流れる、アニメーションのカットインのこと。
重要なイベントをアニメで見せる手法です。
どのRPGもこぞって、このビジュアルシーンに力を注いでいたものです
アニメのサイズ・アニメのクオリティ・アニメの数・声優の豪華さ…………。
こぞって、力を入れていたため、「ビジュアルシーンが良ければ良いRPG」だと勘違いしているような風潮もありました。メーカーもプレイヤーも

そんな中、発売されたこの「とらべらーず!伝説をぶっとばせ」
このRPGは、PCエンジンCD-ROMでありながら、ビジュアルシーンを一切使っていません。
イベントが発生すると、マップにいる二頭身のキャラクター達が、マップの上でどたどた動き回ってアクションをする「人形劇」風なイベントシーンをメインに取り入れたのです
剣を交えたり、蹴りを入れたり、ツッコミを入れたり…。
下手にアニメシーンで誤魔化すよりも手間がかかっている気がます。


「おおっ! これは斬新だ!!」


とか最初は、思ったのですが、よく考えてみれば、スーファミとかだとFFなんかで普通にやっていることでした


さて、このゲームの物語は、同じ村出身の男女四人(男男女女)パーティーが冒険をし、伝説に隠された真実を突き止めていくという物語。
最初から最後までこの面子です。
この四人で冒険をしながら、最終的には、カップルが二組誕生します。
そんなイチャイチャパラダイス

このゲームの物語の欠点といえば…………キャラ同士が終始いちゃついて鼻につくこと…………ではなく一度クリアしたエリアには戻れない点です
何章かに分かれていて、一度進んでしまった場所には戻れません。
宝箱のとり逃しをすると、その時点でオシマイです。
RPGでありながらステージクリア型なのです。
クリアしたダンジョンを再捜索できないのは、精神的に苦痛です。
なぜなら、もし宝箱を取り逃したら二度と回収できないので、最初のダンジョン探索で全ての宝箱を探し出さなくてはならないのです。
ボスまで行っても、宝箱を取り逃している可能性がある場合は引き返さなくてはなりません。
もし、後からでも取りに来れるなら、ボスを倒して、また探しに来ようという気になるというのに。
……もっとも、こんな考えなのは、僕くらいかもしれませんが


あ、そうそう、もう1つオリジナリティを出そうとしていたシステムがありました。

3×3の自陣のフィールドにプレイヤーを配置し、戦闘に参加するフォーメーションのシステムです

前方は武器攻撃できるけれど、敵からのダメージが大きくて、
後方は武器で攻撃できないけれど、敵からの攻撃が少ないから魔導師向き。
なんて戦闘時の陣形のシステムが取り入れられてました。


あ、これも良く考えたらロマサガ1だな






おかしいなぁ。
何故か誉めてないなぁ。
プレイしていたときはそれなりに面白かったのになぁ。
実際に人気無かったしなぁ。
バランスはよく、サクサク進めるので、オーソドックスなRPGとして選択するには最適かもしれません。
PCエンジンで名作RPGを遊び尽くしたら、こちらを手にとってみてください。


余談ですが、ボス戦の音楽は好きでした
カセットテープに録音していたくらい
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/146-5298cc3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。