ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
半熟英雄半熟英雄
(1992/12/19)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る


パロディのセンス光る!



スーパーファミコンのシミュレーションソフトであり、出したメーカーは言わずと知れたスクウェア。しかし、このゲームは他のスクウェアのゲームとは打って変わった脚色を持ったゲームです。どこが違うのかは、プレイしてみれば一目瞭然。完全にお笑い路線に突っ走ったゲームなのです。

まず、キャラクター。
主人公はどうしようもなく、だらしないく、無口な子供(でも王様)だし。出てくる敵キャラも女王様、ナルシスト、戦国武将科学戦隊宇宙人など統一感などお構いなし。しかも、小さなネタをふりかける。敵のボスが、「いかにも」と言おうとして、「タコにも」とか「エビにも」とか言ってくるし。アジなマネをしてくれます。

次にストーリー。
一応、ラスボスらしきキャラクターが最初に登場するのですが、思惑通り、そいつを倒しても、真の敵は他にいて、そいつと戦うことになります。ドラゴンクエスト3でいえば、バラモスとゾーマみたいなものでしょう。ただ、ゾーマのようなやつを倒すと、また、更に真の敵は存在していて、そいつを倒すと、また真の敵が・・・、というように、しつこくストーリーが展開していきます。ドラゴンボールでいえば、界王の上に大界王がいて、更にその上に界王神がいて、またその上に大界王神がいるという無限インフレ状態です。最後のボスに自分で
「私が最後のボスだ! 何? また、その後に真のボスが姿を見せるって? ホントのホントに私が最後の最後だ!」
と、言わせてしまうくらいです。

更に戦闘システムもすごい。
召喚モンスター(ゲーム中ではエッグモンスター)が戦闘の中心に関わってくるのですが、これとアイテムが人間ユニットより遥かに強いのです。でも、敵も召喚を使えるので、バランスを崩しつつも保っています

そして、最大の見所はパロディ性でしょう。
FF2の「フリオニール」やFF4の「カイン」やロマサガの「グレイ」は出てくるし、
FF4の四天王のパロディモンスターも出てくるし、
召喚モンスターもスクウェアの過去の作品からポロポロ出てくるし。城の姿の「しろまどうし」とか、水に潜っている姿の「すモーグリ」とか、冷気の効果のある「ガラハドの剣」とか・・・。
わかる人にはかなりヒットするネタです

どうでしょう。スクウェアの違った一面を見出すことが出来ませんか?



ギャグは子供向けでだけど、とりあえず、スクウェアパロディは一見の価値あり
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/173-84f57570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。