ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
魔界島魔界島
(1987/04/14)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る



この世の全てを手に入れた男、海賊王ピアド。
彼が死に際に放った一言は全世界の人々から一名を魔界島へと駆り立てた。
「俺の財宝? ほしけりゃくれてやる。探して見ろ。この世の全てをそこに置いてきた」

という設定だったと思います。 そんなファミコンソフト。


カプコンの魔界村に続く魔界シリーズ第2弾!!

と、思って買ったら痛い目を見た作品。
魔界村は横スクロールアクションでしたが、こちらはドラクエのようなフィールド見下ろし型のアクションゲームでした。

さて、このゲームは主人公の冒険家モモタルーが魔界島の財宝を求めて旅するお話。
主人公の武器はタルです。
「名前がモモタルーだけに……ね。
 アーハッハッ!」

主人公の名前からして駄洒落です。
開発者の笑いが聞こえてきそうなところからして不安はよぎります。

舞台は魔界島と呼ばれる7つの島がある海域。
主人公はひたすらこの海域を船で移動します。
もちろん、単身で
しかも、この海域が非常に広く、迷います。北と南はつながっていますが、何故か西と東はつながっていませんまさに魔の海域です。
また、7つの島に入るには、それぞれカギが必要で、そのカギを手に入れるには海賊船を襲う必要があります。
いっぱしの冒険者が単身で海賊船を襲わないとならないなんて…。なんて過酷なゲームでしょう。
更にカギを持っていないダミーの海賊船も多々存在しており、島に入るにも一苦労です。

また、島に入ると待ち構えているのが謎解き。
原住民のヒントを元に財宝のありかを導き出さねばなりません。単純なアクションとしても難しいのに、この謎解きも難しいです。

総合して激ムズアクションゲームでした。
なにせ、武器のタルが画面上に限られた数しかなく、タルが無くなってボスが倒せないようなこともザラですから。つくづく恐ろしいメーカーですよ。カプコン…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/174-418ca3d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。