ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
原色超人ペイントマン1~最新巻 [マーケットプレイス コミックセット]原色超人ペイントマン1~最新巻 [マーケットプレイス コミックセット]
()
おおた 文彦

商品詳細を見る


本編では花開かなかったけれど、書き下ろしで魅せてくれた……そんな打ち切り漫画です。



主人公の小学校教師が、宇宙人の抗争に巻き込まれてヒーローになる……そんなストーリーの漫画なのですが、
まぁ主人公のヒーロー姿のデザインがダサいダサい
体はバトルスーツのようなデザインなのに、顔は主人公の素顔という奇抜すぎるデザインです
「仮面ライダー」や「ゴレンジャー」のようなヒーローが、ビシッとバトルスーツを着こなしながら頭だけ変身前のままだったらどうでしょう?服の趣味の悪い人でしかありません。そりゃあ微妙にもなります。
登場キャラも酷い。主人公のアシスト役の関西弁をしゃべる王子だとか、普通の漫画なら雑魚キャラで出てきそうなくらい魅力がありません。
名前も「クィン・ダ・オーレ(くいだおれ)」とか「クァニ・ドォ・ラーク(かに道楽)」とか、苦しいネーミングセンスに満ち溢れたほどのギャグなのに、ストーリーはシリアスというアンバランスさ

赤・青・黄の三色の色を絡めた能力とか、設定としてのアイデアは非常に良かったのに、そのアイデアを活かしきれなかった印象です。

読者の考えた敵宇宙人募集……という「キン肉マン」のアイデアの拝借までしたのですが、その募集宇宙人を登場させる前に無情にも打ち切られてしまいました。
「本当の戦いはこれからだ!」という、未完の最終回を迎えてしまったわけですが……。


ここからペイントマンの本領発揮です
単行本化にあたり、この最終回の後のストーリーが書き下ろしで追加されているのです。
敵の宇宙人との死闘、主人公に感化された敵宇宙人、戦いに教え子を巻き込んでしまったことから精神的成長を遂げる主人公。そして、最後の戦い……。
どれも見所があります。
しかも、これらのシーンのほとんどがダイジェスト。しかしながらダイジェストでも十分すぎるほど伝わってくる……プロ級のダイジェストですよ!

そのダイジェストの腕前がストーリーなどにも活かされていれば……。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/176-fe8d25a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。