ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
夢をかなえて進ぜよう




RPGをプレイした人が一度は思うこと。
「俺だったらこんなゲームにするのになぁ」
そんな無謀な思いを実現します!!
それがRPGツクール!!

そんなRPGツクールの元祖がこのSFC版・RPGツクール。

システムの自由度が少なく、ドラクエもどきのRPGしか作れませんが、世間では、自作RPG作りが流行しました。
グラフィックの数も少なかったですが、自分で主人公のグラフィックや名前を決めることが出来るのは嬉しかったですし、
敵キャラのグラフィックが最初から決まっていても、それに自分の好きな名前が付けられるだけで嬉しかった
魔法も自分で属性やら威力やら消費MPやらを決めることができるので、低コストなのにやたらと威力の高いバランス崩壊の魔法を一度は作ってみたものでしょう。
序盤しか作っていないのに、何度もテストプレイしたことでしょう

もっとも、家庭用ゲーム機としては、初のRPGツクールなのですが、実際は既にPC98用にDanteシリーズのRPGツクールが発売されており、
こちらのほうが、マップ1枚1枚を自作できたり(SFC版はあらかじめきめられたマップを繋ぎ合わせて、ツギハギのようにして作らなくてはなりません)、キャラクターやマップチップを変更できたりと、汎用性が高く、そもそも、文字入力がキーボードがから出来たので、入力が非常に楽でした。
容量も98版の方が多かったですし。
PC98版を持っていた僕からすると、
「こんなに、制限だらけのRPGツクールなんかツクールじゃないやい!!」
と、駄々をこねてしまいそうなものなのですが、
SFC版ならではの利点があります。
それは、誰しもがスーファミ本体を持っているので友人とかにプレイしてもらえることです。
ゲームをプレイする子供の間で見れば、当時のパソコンの普及率なんて、スーファミの10分の1以下でしたから

だから、他の人にプレイしてもらえるというのは、独り善がりになりがちなRPG製作に対する感想や意見を聞くことができる貴重な手段ですし、コミュニケーションの材料にもなります。
友達同士でRPGを作りあって、見せ合うような遊び方も大いにありえました

た、だ……。ただ……。
RPGを作るというのは、非常に時間と労力を必要とするもので、一人で製作するとなると、いくらツクールが有ったとしても、とんでもなく大変なのです
一体何人の人がエンディングまでゲームを作り上げることが出来たのでしょう。
しかも、短編RPGを目指しとけばよかったのに、最初から大作RPGを作ろうとして挫折する人の多かったこと多かったこと
たとえ根気が続いたとしても、容量が無くなってしまうケースもあります。

まぁ、僕も人のことは言えませんが

ある意味忍耐力を鍛えるにはもってこいのゲームかもしれません。
どんなゲームでも良いので、この初代RPGツクールでRPGを完成させた人はえらいと思う。マジで




まぁ、家庭用ゲーム機でRPG製作は難しいです。



今ならPCでだよね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/18-ceeb0b93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。