ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ファイナルファンタジー6 スペシャル・トラックス (6)[CD]ファイナルファンタジー6 スペシャル・トラックス (6)[CD]
(1994/04)
不明

商品詳細を見る


FF6のシングルCDの1つ。


FF6関連のシングルCDは過去3枚発売されています。
そのうちの2つは、STARSというゲームより先に発売されたシングルCDで、収録されている曲は、FF6のキャラクターのテーマソング
ゲームに使われたキャラクターのテーマソングをゲームよりも先に公開して、気分を味わえるCDでした。
しかし、このSTARS2枚に収録されている10曲すべてが、FF6のオリジナルサウンドトラックに収録されているので、価値はほとんどありません

一方で、このFF6スペシャルトラックは、全6曲が収録され(うち1曲はおまけですので、実質全5曲です)、そのすべてが、スペシャルトラック内でしか聴けないというお値打ち品!しかも、シングルCDという形態も相まって、激レアシングルCDになり果てています

レアで価値だけが上昇している数多のシングルCDと違い、このCDに収録されているのは話題になる曲ばかり!

まずは、1曲目「近づく予感」
こちらは、植松伸夫氏が作曲し、Vジャンプで歌詞を募集した、オリジナルのボーカル曲。
オリジナル曲だったら、ゲームとも関係ないし、ましてやFF6とも関係ないじゃん!
と、お思いの方………そのとおりです
そうです。植松伸夫くらいの関連性があるだけで、FF6にまったく関係ないのです。曲に関して言えば。
では、どこでFF6に関連しているのかというと、
歌っているのが、FF6製作スタッフなのです
植松伸夫氏はもちろん、ディレクター坂口博信、モンスターデザインの野村哲也などの豪華メンバーが歌っているのです。
詳細なスタッフ名は集合写真が小さいことや、歌:スクウェアスタッフとしか表記されていないライナーノーツゆえに分からないのですが、このスタッフが歌うという奇抜なアイデアにやられました。上手いとか下手とかを超越した次元にあることは確かです

そして、次にFF6未収録曲の 街2・街3。
街2はゆったりとした感じ、街3はコミカルな感じ。
使いどころに悩んだ末の没曲だと思います。
街2は、めぐりめぐって、伊藤賢治にアレンジされ、チョコボレーシングのモーグリフォレストのコース曲になったことでも、有名な一曲(僕の中では)

4曲目は、FF4のトロイア国のアレンジバージョン。
FF6のサントラでFF4のアレンジ曲が聴けるとは、お得だぜ!
原曲のおしとやかな感じはまったく無くなってウキウキする曲になってます。

5曲目は、テクノdeチョコボのアナザーミックスバージョン。
実にテクノ。あんまりテクノに詳しくないので下手なことはいえません。
でも、実にテクノ。

6曲目は1曲目の近づく予感のヴォーカレスバージョン。
カラオケ気分で歌ってみてください。
FF6スタッフ気分が味わえるかも。


ってなことで、実に聴きどころ満載なCDです。
が、入手困難度合いは半端ではありません。
もし、何かで聴く機会がありましたら、一生忘れないように脳に叩き込んでおいてください。もう二度と聴けないかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/186-ab585174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。