ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
高橋名人の大冒険島/古代祐三高橋名人の大冒険島/古代祐三
(1992/01/21)
不明

商品詳細を見る


SFCシリーズに上陸した「高橋名人の大冒険島」
その力の入れようはハンパなく、CMを入れたり広告を打ったりはもちろんのこと、
サウンドに古代祐三を連れてくる気合の入りっぷり。
そんな「高橋名人の大冒険島」のサウンドトラックがこちらです。


さすがの古代祐三。
ディスコで流れているようなハウスミュージックをメインに据えてノリノリのグルーブサウンドを手がけていただきました!
タイトル曲からステージ曲・ボス戦の曲までどの曲もハウス系。
目をつぶれば、そこに南国の島が見えてきます。そのまんま「Hwaiian」って曲もありますし。
特に序盤のステージ曲「Follow Wind」のインパクトは絶大。

ファミコン時代の「高橋名人の冒険島」のおもかげがちっともありませんが、作曲者を変えたのだから当然といえば当然。仕方ないといえば仕方ない。
むしろ、逆にこれが新しい「高橋名人の冒険島」のサウンドだ!
そういうことなんでしょう。

ただ、古代祐三の起用は、この「高橋名人の大冒険島」のワンポイントだけで、次回作からはまたハドソンのサウンドコンポーザーが担当しています。せっかく古代祐三が新たに巻き起こした「高橋名人の冒険島といえばハウスミュージック!」という流れをなかった事にするという……。まぁ、別にそれが悪いことではありませんし、むしろ2以降の方がゲームにあってる曲が多いです

おかげでこの大冒険島1だけ、浮いている結果になっているのがなんとも悲しい。


ここは割りきって、普通にハウスミュージックサントラとして楽しむと言うのも手です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/188-dff7be72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。