ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
美味しんぼ美味しんぼ
(1989/07/25)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る



アンキモ、アンキモ、アンキモ…
キャラゲー史上、稀に見る原作アレンジを見せたアドベンチャー。



原作は、もちろん、今もビックコミックスピリッツで連載されている「美味しんぼ」。
「美味しんぼ、アニメも始まりましたし、ここらでゲームにしても売れるんじゃないの???」
という当時のファミコンバブルに乗ったゲームです。

原作は料理漫画。これをどうアレンジしていくのか…。
製作スタッフが思いついたのは、アドベンチャーゲームでした。
まぁ、無難なところ。

ただ、問題は、スタッフのセンス。
原作が持っていたメッセージ性を含んだ料理漫画の雰囲気をまるで無視した内容に仕上がっています。

警官に「アンキモ アンキモ アンキモ」と、呪文を唱えた挙句、頭のおかしな人として連行されてしまう山岡さんの姿をファンは見たかったのでしょうか!?

せっかく手に入れたアンコウを突然投げ捨て、ナレーターに「どうやら山岡さんは気が触れてしまったようです」といわれる姿をファンは見たかったのでしょうか!?

僕は見たかった!!
原作では決してありえないバッドエンドを見ることができるのが、このゲームの魅力と思います。

一方で、簡単にクリアされてはならないと、ゲームオーバー要素が豊富。
3択の選択肢のうち、1つは正解ルート。2つは即、ゲームオーバーとかなんてケースもザラです。しかも、セーブやパスワード機能はついていないので、また最初からになってしまいます
不正解選択肢を選ぶ冒険がなかなか出来ないのはつらいです。
不正解選択肢後のゲームオーバーこそ見所なのに

キャラゲーとしては完全に駄作。でも、ネタゲーとしては屈指の名作

スタッフがわざと原作のイメージをあえて崩しているのか、それとも遊び半分に適当に作ったんでこんな内容になってしまったのか…?真相は闇の中ですが、ネタになったからいいんじゃないの??僕個人の見解では、後者ですけれどね。ゲーム中の音楽が全部クラシック曲の打ち込みというやる気のなさを感じるので
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/191-91b6201d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。