ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
売王(バイキング)1売王(バイキング)1
(2004/08/19)
不明

商品詳細を見る



「売王」と書いてバイキングと読みます。
現在、週刊ゴラクで大食い漫画「喰いしん坊」を大好評連載中の土山しげる先生の作品です。
ちなみに、原作は梶研吾。




あらすじは、

伝説の行商人「近江商人」の魂を受継ぐ青年「近江繁盛」
彼が行商の旅をしながら見せる商人の心得とは!?


といった感じです。
旅っていっても、20週余りで打ち切られたんですけれどね

ちなみに、彼の心得は、三方良し。
つまり、売り手良し・買い手良し・世間良しの精神で商売するということ。
現在にはびこる「売り手良し」の傾向に一石を投じる作品です。
一石を投じるっていっても、半年足らずで打ち切られたんですけれどね



さて、打ち切りのことだけを言っても仕方がないので、主人公・近江繁盛の戦歴を追っていきましょう。

彼がまず最初に請け負ったのは、酒屋。
銘酒でありながら、宣伝能力に乏しかった芋焼酎を売る酒屋。
これに目をつけ、飛ぶように売り上げを上げました。

そして、その酒屋の息子はインターネットを通じて、大々的に販売するのですが、なんと、これが偽物
客も息子も気づいていませんでしたが、近江商人の目はごまかせませんでした!
(どこかで見たことのあるような話がネタに使われてますが、あくまでもフィクションです。)

「お客様の信用を傷つけた!店をたたむしかない!!」
と酒屋の主人は荒れ狂いますが、そこへ救いの手を差し伸べたのは主人公・近江繁盛!
「それじゃあ駄目です!
 こういう時、1つだけ手段があるんです……」

近江繁盛が持ちかけた起死回生の一手とは………??














            謝る!!








「すいませんでしたっ!
 今、皆さんの手元に渡っている芋焼酎は偽物なんです!!」

テレビ中継を使い、全国ネットで謝罪する親父。
「そうだ。
 今は購入者の怒りをかうかもしれないが、こうして謝ることで、また良い商売ができるようになる……」
 と、近江繁盛は一人納得します…… 。

が、読者は納得できませんでした

てか、現実にあった問題をネタにしてるくせに、解決方法が「謝る」ってどういうことよ!
そんなの誰でも出来るし、思いつくって!
普通は風刺の意味を込めて、漫画独自の考えを見せるところでしょ。
てか、わざわざ偉そうにアドバイスすることもないだろうに。
全然起死回生じゃないし、酒屋の親父はむくわれないし
あれだけ大々的に話を盛り上げておいて、解決方法のしょぼさには驚きです。

同じネタを扱うにしても、両さんがお仕置きされる「こち亀」の結末のほうがまだマシでしたワンパターンだけど


まぁ、おかげさまで5ヶ月で打ち切りになったわけですが。




ある意味、面白い漫画だと思います。全2巻。
お好みでどうぞ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/208-bb7e3271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。