ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
クロノ・トリガークロノ・トリガー
(1995/03/11)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る



・歩いていたフィールドそのものが戦闘画面になる「シームレスバトル」!!


  (By ファイナルファンタジー10)

・アクティブタイムバトルを超えたアクティブタイムバトル!!

  (By ファイナルファンタジー10-2)








って、 クロノトリガーのことじゃなかったの!?



生まれ変わったアクティブタイムバトル「アクティブタイムバトル2」搭載!
なんて言ったこと忘れてませんか?スクウェアは。


さておき、クロノトリガーさんは、SFC史上、最強レベルの作品と思います。
シナリオの堀井雄二
キャラデザの鳥山明
プロデュースの坂口博信
黄金の3人トリオで結成され、クリエーターからしてもう別格。
半分以上ドラクエだけれど。

エニクスも対抗してキャラデザを天野喜孝に依頼したゲームを作れば面白かったのに



ストーリーは、歴史をまたにかけ、それぞれの時代を冒険していきます。
過去の時間で起こしたイベントが未来にかかわってくるような、タイムトラベル物ならではの演出も細かくてさすがです。
そしてイベント自体もオリジナリティがあって面白い。
特に裁判なんか、主人公が最初の町で起こした行動によって無罪・有罪が変わるなど、好みのイベントでした。
僕は、全員一致で有罪でしたし、無罪のご褒美もエーテルでしょぼいんですけれど


また、戦闘ですが、
もうクセのあるモンスターばかりで、びっくり。
見た目のアクションもユーモアな雑魚に始まり、
電撃の魔法を使って感電させると防御力が落ちるとか、
とりまきを倒すと強くなるボスとか、
HP半減攻撃しかしてこないから甘く見ていたら、最後のカウンターに全体魔法攻撃をかけてくるボスとか、
バトルのアイデアが所狭しと出てきます。
FF4・5・6で出し尽くしたんじゃなかったのか!
まぁ、おかげで、FF7以降のバトルのネタが尽きてしまうのですが


また、クリア後にクリアしたときのデータを引き継いで最初からプレイできるようになる「強くてニューゲーム」なんてのも選べました。
マルチエンディングに大いに貢献したシステムでした。


ストーリー・グラフィック・サウンドも共に最高レベル。
全体フィールドの移動の音楽が特にきれい。
雑魚バトルはちょっと個人的に盛り上がりに欠けるような気がするんですけれど、それは、FFと比べての話なので、他のゲームより上質。


これは、もう、DS版を買ってでもやるしか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/220-32484dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。