ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ファミコンミニ ゼビウスファミコンミニ ゼビウス
(2004/02/14)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る


シューティングゲーム業界に「縦スクロール」という概念を持ち込んだ革命的作品。


この「セビウス」の登場により、「スペースインベーダー」や「ギャラクシアン」などの一画面固定型シューティングの時代は終焉を迎え、スクロール型シューティングの時代が訪れることになるのです。

ゼビウスの功績はそれだけにとどまりません。スクロールから生まれた広大なマップ……そこに隠された「隠しアイテム」もまた、ゼビウスの生み出したものです
それまでは「パターン」とか「タイミング」で高得点を獲得できたり、隠しアイテムを出現させることができました。
しかし、ゼビウスでは「マップの特定箇所をショットする」ことで隠しアイテムを出現させることができます。隠しアイテムの出現場所を探す楽しみが生まれました。

他にも、シューティングゲームというストーリーの希薄なジャンルでありながら、壮大なシナリオが練られているのも奥が深い。ゲームをプレイするだけではそのシナリオはさっぱり分かりませんが、続編や派生作品などでそのシナリオを味わうことができるのです。


というように、脇をガッチリと固めた上で、更にシューティングゲームとしてのクオリティも高いのだからヒットしないわけがありません
今プレイすると、あまりにもシンプルな内容に味気なく感じるかもしれませんが、その功績は偉大です
縦スクロールとか隠しアイテムとかシナリオとか、段階を踏まえながらちょっとずつ搭載されるのではなく、それらを「ゼビウス」一作で、いっぺんに世に知らしめたのですから


と、自分の持つ知識を総動員して書いたんだけれど、Wikipedia見たら大半のことは書いてあるし、そっちの方が詳しいんだよなぁ……。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/221-db8aad18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。