ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
超兄貴 究極無敵銀河最強男超兄貴 究極無敵銀河最強男
(1995/12/29)
PlayStation

商品詳細を見る




ただでさえ、キワモノ系シューティングだった「超兄貴」が、実写になり、各段にキワモノ度がアップしました


やはり、ドット絵ならば、ファンタジーとしてある程度受け入れられそうなところもありますが、実写取り込みによってリアルさが極まり、取り返しのつかないことになっています
自機から敵、ステージ、ストーリー、サウンド、メッセージ、ナビゲータ、取扱説明書………どこを見ても、悪ノリで埋め尽くされて圧巻です
更に、豪華声優陣>。実写取り込みモデルとしてボディビルダーの日本チャンピオンを採用。余すところなくこだわっています。
筋肉というキーワードをベースに、シュールなネタから下ネタまで、やりたい放題。超兄貴でなければ許されないゲームです。


特にボスの出現を教えてくれるナビゲータのウザさは極まっています
ボスの前に突然画面下からせり上がってくるスキンヘッド。「ボスの○○が見えてきやしたぜっ」という腹の立つ言い回しに加え、退場する時の憎たらしい笑顔ウザすぎますボスより先にコイツを撃ち殺したかったッ!

そんな素晴らしい硬派なシューティングゲームです。
大抵の人が思い浮かべる「硬派」とはまた違った意味での「硬派」だと思いますが。


しかし、惜しむらくは、ネタがメインになってしまってシューティングがオプションになっているところ。ネタ優先な仕様が多い気がします。例えば、自機を実写キャラにしてしまったがゆえ、妙に縦長になってしまい、極端に上下からの攻撃を回避しにくかったりします。それまではシューティングが基本に据えてあって、それに追随して、奇妙なキャラやネタな敵が出ているという感じでしたから。(まぁ、僕は初代「超兄貴」と2代目「愛超兄貴」しかプレイしたことないんですけれど………。更に言えば愛超兄貴もネタ優先でしたけれど………。)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/225-990860cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。