ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
所さんのまもるもせめるも所さんのまもるもせめるも
(1987/06/27)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る



所ジョージプロデュースのファミコンソフト。
所ジョージプロデュースだけあって、シュールな展開が目白押しです。


まず武器が画期的な水鉄砲
最初は勢いよく飛び出るのですが、使えば使うだけ勢いがなくなって飛距離が縮みます
最終的には先っぽから水がしたたり落ちる程度に
したたり落ちる水滴でも何とか敵を倒せるのですが、さすがに飛距離がないと苦しい……。
というか、普通、水鉄砲って弾切れ(水切れ)はあっても、勢いだけがなくなる事はないような……肝心の水は無限に出てきますし。どうも水鉄砲が欠陥品のようです

そしてステージが画期的な東京近郊。
次に進むステージがランダムで決まるので何度も同じステージを回ることもしばしば
シュールというよりも理不尽という言葉が当てはまると思いますけれど

更にラストステージが所ジョージの自宅で、ラスボスが所ジョージの奥さん、救い出すのが自分の子供というオチ
いや、自分の家族を敵として出すのは実に自虐的でよい話ですが、エンディングが、まさかのホラー。なにこのB級映画っぽいオチは……。

そりゃあ、所さんが守ろうが攻めようが行く先はどちらも地獄ですよ


無敵コマンドやステージセレクトがなければクリアなんて不可能です。
芸能人とのタイアップ企画はろくなものがない…なんて言われても仕方ありません。
が、このゲームを発売したエピックソニーレコードは、この後も懲りることなく
「TM NETWORK LIVE IN POWER BOWL 」
「田代まさしのプリンセスがいっぱい」
などを発売していたり……。
時代とは恐ろしい。



余談ですが、このゲームでゲームオーバーになったときに流れる「げーむおーばーのうた」が欧陽菲菲 の「Love is over 」の替え歌になっていることに10年以上も気づきませんでした。
というか、欧陽菲菲自体知らなかった僕の小学生時代
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/231-9837228e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。