ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
サンレッドのプロトタイプ。
巨匠は、デビューから巨匠でした。




「天体戦士サンレッド」でヒットを飛ばしたくぼたまことの初連載作品。
BINGOコミックスという、刊行会社もマイナーなんですけれど、それ以上に知名度が少なかった作品

くぼたまこと先生が連載中の雑誌の巻末コメントで「他社からの出版ですが、仮面レンジャー田中のコミックスが発売されました」と、宣伝をしてくれなかったら、知ることは無かったでしょう。

しかし、レアなだけではなく、内容も非常に面白い作品です。


内容は、タイトルから見て分かるとおり、「仮面ライダー」のパロディ作品なのですが、単なるパロディにとどまらず、独自のテイストで別物に変えてしまうのが、くぼたマジック


具体的に説明しますと、

仮面レンジャーは、悪の組織ゲルドと闘うヒーローです。
しかし、何故か視点は、いつも悪の組織側。
仮面レンジャーが3コマしか出てこないような話も多々あります
というのも、この悪の組織、非常に庶民的。
世界征服という野望と、怪人そのものの姿さえなければ、善良な一市民にすぎません。
一方で、仮面レンジャーは悪と闘うヒーローといいながら、残虐非道、冷酷、ゲーム好き、女好き、センスなし、いらいらで怪人を殴る……と、とても子供たちの憧れとはかけ離れた存在。
思わず、悪の組織側を応援したくなります。

こんな感じです。


この仮面ライダーが築き上げたパターン展開を、全て逆転させるギャグというのが、この漫画の面白さなのです

ベタな展開とのギャップがギャグ漫画の面白さだというならば、この漫画はその中のトップに君臨してもおかしくありません。


仮面ライダー世代の方も、そうでない方も、手に取る機会があれば、ぜひ一読していただきたい作品です。
もっとも、見つけようとしても、なかなか見つからないと思いますけれども。


僕は、戦意を失って逃げ出す怪人を猛追してボコボコにする正義のヒーローの姿が、一番面白かったです。





オリジナルは、あっという間に絶版になりましたが、
今では新装版が出てるので、安心です。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/24-ff261229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。