ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
いただきストリートいただきストリート
(1991/03/21)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る



ドラゴンクエストシリーズでお馴染み、堀井雄二が手がける和製モノポリーこと、いただきストリート。


そうそう、最初はアスキーから発売されていたんだよねー。
堀井雄二がエニックスの専属になってからは、エニックスからの発売になったんだよねー。懐かしいねー。


さておき、このゲームは、和製モノポリーの代名詞からして、サイコロを転がして進むボードゲームです。
ボードに配置された店を買って、その店に止まったプレイヤーから買い物料という名の通行料をせしめる。
増えたお金で店を増築し、更に相手から買い物料を搾り取る……
そんな金の亡者になるゲームです
もっとも、最終的に金が目的なのは、ボードゲームの宿命なのですが…

さて、ゲームの面白さは、モノポリーや桃鉄が確立していますし、今でも新シリーズが出ているくらいなので、今更言うことではありませんが、ファミコン時代でありながら宇宙マップがあるというスケールの大きさと、個性あるCPUたちは当時の他のボードゲームより優秀でした。

やけにハワイが大きなアメリカ大陸マップが印象深かったなぁ。


あと、キャラクターデザインが荒井清和というのは勇断。ファミコン通信を読んでいた僕には、嫌でもキャラデザが印象に残りました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/241-c67e70d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。