ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
スウィートホームスウィートホーム
(1989/12/15)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る


カプコンが送るホラーRPG。
ホラーRPGというジャンル自体、なかなか聞かないジャンルです


タイトルの通り、伊丹十三監督の同名映画を原作としたゲームになっていますが、原作を超えた面白さがあると、巷で噂になってます。

なんといっても、このRPGの特色と言えば、死んだキャラが復活しないという妙なリアルさ
5人のプレイヤーキャラから、3人のパーティーを組むシステムになってまして、仲間を入れ替えながら進んでいくわけですが、一度キャラが死んでしまうと生き返らせることができません
一般人が悪霊たちと戦うので、当然と言えば当然なのですが、おかげでかなりシビアです。
しかも、キャラ1人1人がクリアに必要なイベントアイテムを肌身離さず持っていて、そのイベントアイテムを使う前に死んでしまうと、ゲームクリアが不可能になるという理不尽なシステムになっています

通常なら、駄作と言われても当然のシステムなのですが、緊張感のあるシステム、秀逸なゲームデザイン、として逆に評価されることになりました。徹底したホラー要素が、理不尽なシステムを評価されたシステムへと変えたのです。

バイオハザードの原点とも言われたホラーゲーム
ファミコンとあなどるなかれ。

ただ、……当時は凄い怖かったのに今になるとそれほどでも無くなってるのが残念。
前はカセットを見るだけでも怖かったです


ちなみに、このゲームには、仲間が死んでしまってクリアできなくなった時などのための救済措置があります。

な~んだ、そこまで理不尽なゲームじゃないじゃん。

救済措置として、クリアできなくなったときのために「ぎぶあっぷ」というコマンドがあるのです。セーブからやり直すこともできますし、セーブを消して最初からプレイすることも出来ます

………徹底してプレイヤーに甘くないゲームです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/263-e2122a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。