ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
img_pack.gifパニックボンバー 【PCエンジン】
(1991/12/13)
ココナッツジャパン エンターテイメント

商品詳細を見る



もともとはゲームセンター用に開発されたパズルゲームでした。


家庭用ゲームとしては、PCエンジンで先行発売されていたので、僕は、てっきり、当時、PCエンジンをたった一人で支えてきたハドソンが、多機種でぷよぷよが流行していたころ、なんとか、PCエンジンにもオリジナルの落ちものパズルゲームができないものか?と日夜研究を繰り返していた。試行錯誤の末、ハドソンは、自社の人気作品を利用して、ある1つのパズルゲームを思いつく。それが、このボンバーマンを題材にしたパズルゲーム「ぱにっくボンバー」だった…。

というようなサクセスストーリーを勝手に創造していたのですが、違ったようです。


さておき、ルールは簡単。
上から3つのボンバーマンの頭がL字の形になって降ってきます。それを縦・横・斜めのいずれかで3つつなげると、消せます。さらに、時々振ってくる点火している爆弾を使って、大量にボンバーマンを消すこともできます。このとき消したボンバーマンをコゲボン(ぷよぷよでいうお邪魔ぷよ)として相手フィールドに送り込むことができます。

難易度は、消し方が複雑で、かなり難しいです。
ぷよぷよくらい単純なら初心者もとっつきやすいのですが、斜め消しなんかもあるので、連鎖なんか運でしかできません。
しかも、連鎖したところで、爆弾を使わないと、相手のお邪魔ができませんし


しかし、このゲームの見所は、ぷよぷよで「ぷよ」に相当している部分が「ボンバーマン」であることでしょう
ぷよみたいなスライム状のモンスターであれば、消えてもそれほど苦になりませんが、
こちらは、ボンバーマンの頭(生首)です
かなりスプラッタ入ってます
しかも、そのボンバーマンを爆弾で吹き飛ばして一掃するとか、残虐の極みです。ボンバーマンというゲーム自体、相手を爆殺することが目的ですから、慣れれば問題ありませんけれど、普通のボンバーマンと違い、1ゲームで大量のボンバーマンが焼き払われるので、ちょっとかわいそうになります。そこが面白いといえば面白いのですが
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/267-c992dbd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。