ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ファイナルファンタジーIIファイナルファンタジーII
(2002/10/31)
PlayStation

商品詳細を見る



ファミコンソフトファイナルファンタジー2のプレイステーションリメイク版。


FF1とFF2は同じようなリメイクの系譜をたどっていて、両作品とも、
ファミコン → ワンダースワンカラー → プレステ → ゲームボーイアドバンス → PSP
という順番でリメイクされています。

そんなリメイクですが、
FF1のリメイク版は、ゲームボーイアドバンス版以降、システムに大幅にメスが入り、ファミコン版のオリジナルFF1とは大きく内容が異なる作品となってしまいましたが、
FF2のリメイク版の場合、どのリメイク版でも、システムなどに変更はほとんどありません。多少の変化はありますが、FF1ほど大きな変更ではありません。

ゆえに、FF1のリメイクの最終形態は、プレイステーション版(以降はリメイクではなく別物)でしたが、
FF2のリメイクの最終形態は、オリジナルであるファミコン版が踏襲されているPSP版です。今から、FF2をプレイする方には、PSP版をおススメします。

PSP版が最終形態となれば、このプレイステーション版の価値が微妙になるところですが、まぁ、実際微妙です
FF2がプレイステーションでリメイクされた時に、音楽・グラフィックが向上しましたが、それはPSP版の方が上ですし、
モンスター図鑑、アイテム回収率、アートギャラリーなど、様々なおまけも搭載されてたのですが、それらもPSP版のほうにそのまま受け継がれています。
クオリティアップや、追加要素やプレイステーション版発売当時は目を引く内容だったかもしれません。
しかし、今となっては、PSP版を買えば済む話になってしまいました


しかし、このプレイステーション版で、追加された音楽は目を見張るものがありますし、ヒロイン・マリアのイメージを根底から覆すムービーも見所です。
ゲームとしての現存価値は薄れてしまったかもしれませんが、歴史的価値は高いです

このプレイステーション版に、もう1つ価値を付加するとすれば、「ヒルダ姫の誘惑ベッドシーン」に、かなり力の入った演出がなされているところでしょうか。
ゲームボーイアドバンス版以降では、大幅に自主規制が入ってしまったので、このイベントを堪能するならばこのプレイステーション版が必要となってきます。これは意外にポイントが高いかも。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/280-3a8b2c4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。