ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ワギャンランドワギャンランド
(1989/02/09)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る



ステージ内は普通の横スクロールアクションゲーム。
ボス戦になると、しりとり・神経衰弱のミニゲームで対決
という、当時は、斬新なスタイルだったアクションゲーム。


主人公のワギャンくん。口から「ワッ」「ギャッ」などの声を出して敵を攻撃。攻撃を受けた敵はしびれて一定時間動けなくなります。
その動けなくなった敵を踏み台にしたりしてステージを進みます。

一方で、ボス戦は、「しりとり」もしくは「神経衰弱」で勝負することになります。


ワギャンランドを語る上でかかせないのは、上記のミニゲーム……特にしりとりです。
画面に表示された絵のパネルを使ったしりとりで、プレイヤーとボスキャラが交互に制限時間内にパネルの中から単語を選んでいくゲームです。

例えば、
敵が「こうもり」のパネルを選んできたら、
「り」で始まる絵のパネルを画面の中から探さなくてはなりません。
りんごの絵のパネルを選択して「りんご」と答えたり、
りすの絵のパネルを選択して「りす」と答えればOK!

しかし、パネルの読み方は一通りではありません
「そんな読み方もありなの!?」という読み方が結構できます。

「ラッパ」の絵を「かんがっき」と読んだり、
「ラジオ」の絵を「むせんき」と読んだり、
「ぼうえんきょう」の絵を「てんたいかんそく」と読んだり……


そういう「なるほどなぁ」と思える読み方から、

「だちょう」の絵を「エミュー」と読んだり、
「とうだい」の絵を「うみのみちしるべ」と読んだり、
「しゃもじ」の絵を「ラケット」と読んだり
「うずまき」の絵を「タイムトンネル」と読んだり、


そういう「いくらなんでもそれは無理があるのでは……」という読み方まで応用が利きます。

「うわー、どうしよう「ひ」で終わるパネルがないーーっ
「とりあえず手当たり次第に絵を選ぶしかない!!
「これはどうだ!
 (「貝」の絵を選択
「駄目か!
「これなら…
 (「白熊」の絵を選択
「ぎゃー駄目だ!!
「じゃあこれならどうだ!
 (「家」の絵を選択
ボス「なにぃ『ひらやいっこだて』だとっ!
 ムムムム」

「やったーっ


なーんて、屈折した喜びも味わえます。
ボスの方がパネルを見付けられなくてギブアップすることもしばしば。特別な読み方を駆使すれば1パネル目での瞬殺なども可能です

でも、普通の読み方でしりとりしたほうがいいんですけれども。
全部のパネルをめくって勝利すると7UPボーナスがもらえますから。
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
このシリーズはしりとりの裏読みが熱かったですねw
3になると、裏読みを狙って適当に選んでいたら、「ん」がついてゲームオーバーになったりとか……いい思い出です。
2010/04/20(火) 10:12 | URL | anywhere #-[ 編集]
昔好きだったゲームだったのでコメントします^^

裏面でラスボスに行くと、「しりとりを特訓した」と言う台詞があって笑えます。

イレギュラーな読みで攻めたら、逆にイレギュラー読みで返されてあえなくゲームオーバーという経験もあります。
2010/04/17(土) 12:54 | URL | JUNO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/285-e16d2374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。