ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
タイムゾーンタイムゾーン
(1991/10/25)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る



今は無き飯野賢治プロデュース作品
出してるメーカーは「摩訶摩訶」でお馴染みの「シグマ商事」
そんなバックボーンが秘められているアクションゲームです


見た目はワギャンランド
プレイしてみるとスーパーマリオ3(自動スクロールステージとか地面が浮いたり沈んだりするステージとか)。
スケボーに乗ったら高橋名人の冒険島
ストーリーは敵の親玉にさらわれた女の子を探して現代、古代、西部、江戸、未来、異次元を巡るというもの。

過去のゲームの寄せ集めですか飯野さん

しかし、寄せ集めということもあって、プレイしやすい、分かりやすい、下手に手が込んでない


武器がちょっと独自です。
主人公が帽子を飛ばして敵を攻撃するのですが、この軌道が独特。
まっすぐ前に飛んでくれればよいのに、妙な弧を描いて飛ぶのです。
しかも、投げた帽子をキャッチしないと主人公の上をするりと越えて後ろに飛んでしまい、それを再びキャッチしない次の攻撃が出来ません
敵に当たって返ってきた帽子を上手くキャッチできなくて次の攻撃ができずに目の前の敵にやられることもしばしば。
なので最終的に、この帽子の軌道をマスターするようになる……かと思ったら、最終的には帽子を投げずひたすら敵を避けながらクリアするようになります
敵を無視して進んだ方が早く進めますので。

難易度的には誰でもクリアできるような非常に易しいゲームです。
ちょっとしたクイズに答えるだけで3機アップできる簡単さ
いやらしいステージもない素直なゲームなので、アクションゲームにやりなれた人には物足りないかもしれませんが、アクションゲームに慣れない人でもクリアできるでしょう。


以下ちょっとネタバレですが、エンディングで、救出したヒロインと再会しての喜び方も独特
ゲームのエンディングといえば、再会したヒロインと抱き合うとかキスするとか、そうやっていう再会を喜ぶパターンがほとんどですが、このゲームでの再会の喜び方は……「頬ずり」です。
頬と頬を擦りあわせながらくるくる回転します。永遠に。
さすが飯野センス。
抱き合うとかキスするとかよりも、かなり奥手な喜び方ですが、逆に生々しいです
これほどラブラブなエンディングはありません。必見。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/306-0755f906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。