ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
覇邪の封印覇邪の封印
(1987/10/23)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る


アスキーから発売された、非常にパソコンっぽいRPG。


というのも、フィールド画面が小さいっ!
主人公が移動できる1マスが非常に大きい上に、常にHPなどのステータスが表示されていて、更に主人公と相棒の妖精の姿が見えています。
実際のところ、3×3マスくらいしか見えません
狭すぎます。
更に、画面のスクロールがカタカタ
ドラクエみたいに1ドットずつスクロールさせていくのではなく、一気に16ドットくらい進む大雑把なスクロール
実にパソコンっぽい。
一応、アイテム等でマップを拡大できますけれど…。

また、情報が少ないのもパソコンっぽい。
このゲーム、町や城などのシンボルが表示されません
何も無いマスに進んでみて、そこに城があれば、初めてそこで「城の存在を知る」ことが出来ます。
要するに、すべてのマスを歩いていって初めて町や城を見つけることができるのです
一応、アイテム等でイベント地点を表示できますけれど…。

そして、バランスも酷いもので、
HP200のモンスターが出てくる平原からちょっと外れて荒野の上を歩けば、HP3700とかのモンスターに出会います。開始2分で死ねます

まぁ、それくらいならまだいいんですよ。
どこでもセーブできますから、死んだところで苦しくも有りません。
敵と遭遇しても、敵に見つかっていなければ通り過ぎることも可能ですし。

問題は、お供に連れている妖精のほうで。
この妖精がかわいい姿をしていながら、口が悪い。
運悪く死んでしまおうものなら、
「死んじゃったのー?
 割と役立たずね!
 セーブしたところからやり直しね」

なんて、けなされてしまいます
世界平和のために闘いながらも敵に破れてしまった勇者でも、
「おぉ!死んでしまうとは何事だ
しっかりしろよー
などと、
慈悲の無い言葉が吐きかけられる物ですが…。

一緒に旅していながら、戦闘補助もしてくれない妖精に「役立たず」呼ばわりされる筋合いなんて無いと思うのですが…。
冒険者にはなかなか手厳しい仕打ちです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/320-d542dff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。