ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
エム×ゼロ 1 (ジャンプコミックス)エム×ゼロ 1 (ジャンプコミックス)
(2006/11/02)
叶 恭弘

商品詳細を見る




学園ラブコメバトル漫画。


序盤のエロコメ展開は、微妙すぎたけれど、
中盤からのバトル展開は、大好きでした

さて、バトル漫画には、2タイプあります。
1つは、「ドラゴンボール」のように、単純にパワーがモノを言うバトル漫画
もう1つは、「ジョジョの奇妙な冒険」のように、能力の使い方や相性がモノを言う、能力バトル漫画

最近は、インフレしやすい、前者よりも、
頭は使うけれど、インフレしないし、駆け引き要素のある後者のほうが人気が高いです

そんな能力バトル漫画として、かなりレベルの高さを見せていたのが、このエムゼロです。


魔法が使える生徒が集まった魔法学園でのラブコメ……というのが、最初の設定で、魔法はあくまでコメディ要素に過ぎませんでした。
ところが、徐々にバトル漫画にシフトして行きます
さすがジャンプ漫画。
普通なら、そのバトル展開がとなって、駄作と化すものなのですが、
この魔法学園の設定と作者の頭の良さが、名作へと昇華しました。

普通なら、学園なので、皆が同じ魔法を習い、同じ魔法を使えるようになる……実際、初期はそんな感じだったのですが、
この漫画では、学園の生徒にはそれぞれ「得意な魔法」があり、それがキャラの個性になっています
(ぶっちゃけて言うと、それ以外の魔法も使えるはずなのに、一切使わない)
そのキャラそれぞれが持つ魔法でバトルすることで、相性や駆け引きが生まれ、面白い能力バトル漫画となってくれました。
特に主人公に「魔法を無力化するというオールマイティな能力を持っているけれど、使用すれば、目的の達成から遠ざかるため、なるべく使わないようにバトルしなくてはならない」という設定を与えたのは見事でした。魔法を使えるけれど敢えて使わない…知恵を絞って戦う主人公というのは、非常に魅力的に映りました。


ただ、最後は打ち切りっぽい終わり方なんですよね。
終盤、主人公が「魔法を1つだけコピーして使える」を能力を手に入れてしまってからは、駆け引き要素も雑になってきましたし。
能力バトル漫画の土台が完成されていたので、なんか勿体無い感じです。


ジャンプでこれを越える能力バトル漫画はしばらく出てこないんじゃないかな……。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/322-939b9e87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。