ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ロックマン6ロックマン6
(1993/11/05)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る



史上最大の戦い!!
というだけあって、今度の敵は、地域柄の強いロボット。
世界各国から集められたロボットと戦うことになります


日本代表・ヤマトマン!
ブラジル代表・プラントマン!!
中東代表・フレイムマン!!
アメリカ代表・トマホークマン!!


なんだ、これ、超人オリンピック?
もっとも、読者で敵キャラ募集しているところかして、同じ発想に行き着くのは仕方ないんだけれども。


とはいえ、思い切って、国別にしたことで、各ステージに、地域柄ならではの特色が見られ、見栄えがよくなったのは好印象。

また、今回のラッシュ(ロックマンの仲間の犬型ロボット)は、ロックマンと合体できるようになりました
ラッシュもいろんな機能付けられて大変ねぇ
合体して、ゴリラっぽく変形するパワータイプのロックマンは、最初見たとき度肝を抜かれました。



さて、今回の敵は、Mr.X。
オープニングから、ロボット世界選手権にやってきたロボットを洗脳して世界征服に乗り出します。
「私はMr.X。
 Dr.ワイリーを影で操っていたのは、実はこの私なのだよ
 もう手下のワイリーを使った茶番はおしまいだ! 私、自らが世界征服を行おう!

で、Mr.Xステージをクリアすると……………。

「みんな、聞いてくれ、とんでもないことがわかった!!
 Mr.Xの正体はDr.ワイリーだったんだよーーーっ!!!」
「なっ、なんだってーーーっ!!」


という展開が訪れます。


もっとも、全国2000万人のロックマンファンは、

「みんな、聞いてくれ、とんでもないことがわかった!!
 Mr.Xの正体はDr.ワイリーだったんだよーーーっ!!!」

「あ、やっぱり。」

という感想なんですけれどね。

オープニングのMr.XのシルエットからしてDr.ワイリーそのものですし。
「実は、今回の黒幕はDr.ワイリーだった」という展開は、シリーズのお約束なので。

Mr.Xの正体がわかってからというもの、オープニングのMr.Xの台詞は滑稽で仕方ありませんよ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/349-be5daf2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。