ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
真島クンすっとばす 1 (ジャンプコミックス)真島クンすっとばす 1 (ジャンプコミックス)
(1995/07)
にわの まこと

商品詳細を見る




15巻まで出たのに打ち切られてしまった格闘技漫画。


時代を先取りしすぎてました
近年の格闘技ブーム(と言っても最盛期は過ぎた気もしますが)よりはるかに早い時代に登場したのが惜しまれます

初期の他流派参加歓迎な空手大会
後期の異種格闘戦など
格闘技ファンをワクワクさせるような試合形式がいっぱいだったのに。
PRIDEやK-1最盛期まで連載が続いていれば、便乗で、もっと人気が出ていたはずです。


さておき、この漫画の見所といえば、
陣内流柔術という未知の流派を使用する、主人公の真島くんの成長物語。
戦いの中で成長し、ライバルを打ち破っていく姿は、ある種のカタルシスを感じます。
一方で主人公の成長を埋め合わせるかのように強敵が出現してくるので、格闘技漫画なのにインフレが激しい

 真島くんがライバルと戦う
 ↓
 真島くんが戦いの中で成長する
 ↓
 勝利する
 ↓
 真島くんがライバルと戦う
 ↓
 真島くんが戦いの中で成長する
 ↓
 ↓
 ↓


ひたすら繰り返すので、どんどんインフレしていくばかりか、
登場したライバルが、インフレについて行けず、お決まりのように噛ませ犬になっていくのが悲しい限り
先ほどのフローチャートも正確には、

 真島くんがライバルAと戦う
 ↓
 真島くんが戦いの中で成長する
 ↓
 勝利する
 ↓
 ライバルAと友情が芽生える
 ↓
 ライバルBが登場。ライバルAを瞬殺する
 ↓
 真島くんが怒る
 ↓
 ライバルBと戦う
 ↓
 真島くんが戦いの中で成長する
 ↓
 勝利する
 ↓
 ライバルBと友情が芽生える
 ↓
 ライバルCが登場。ライバルBを瞬殺する
 ↓
 真島くんが怒る
 ↓
 ライバルCと戦う
 ↓
 ↓
 ↓


の繰り返しとなります。だいたい。
真島くんと一緒にライバルの成長も描いてくれれば良かったのですが、主要キャラクター以外はみんな噛ませ犬
さすがジャンプの漫画です。


というわけで、基本的に面白い格闘漫画です。
何故打ち切られたのか未だに理解できない。
元横綱が瞬殺されちゃったから、日本相撲協会からクレームでも来たのかもしれない……。
あぁ、こんなところも時代を先取りしていたのか
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/353-d5e89aef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。