ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
勇者のくせになまいきだ。勇者のくせになまいきだ。
(2007/12/06)
Sony PSP

商品詳細を見る



これはまた新しい。
一応ジャンルはシミュレーションなのでしょうが、パズルでもあり、シミュレーションでもある……よく考えついたものです


舞台は地下
プレイヤーは魔王に呼び出された破壊神として、ダンジョンを作り、魔物を生み出し、魔王討伐に名乗りを上げる勇者たちを撃破していくことが目的です

単純に言えばそれだけですが、その勇者たちを撃破すべく生み出す魔物の作り方・扱い方がポイント。
モンスターの生態系を取り入れることで、シミュレーション要素が一気に高まっています。
初期状態では、最弱のスライム型コケしか生み出せず、これではとても勇者撃退の戦力になりません。ただ、コケには「養分運び」という能力があり、この能力を上手く使って養分を集めれば、コケより強いガジガジムシを生み出すことができます。更にガジガジムシはコケを食べることで繁殖できるので、コケがいればガンガン増やせます。しかし、ガジガジムシが増えすぎると、コケが減り、食料を失ったガジガジムシが餓死していくことになります
更には、ガジガジムシを食べて繁殖するトカゲもいます。トカゲはガジガジムシより強くて戦略になりますが、増えすぎると、ムシが減り、食料を失ったトカゲは……以下略
このように生態系を上手く維持していくことが、重要になっています。

しかも、やってくる勇者には、物理防御が強かったり、回復魔法が使えたり、集団で押し寄せたり……と、バリエーション豊富。それにあわせて、こちらも魔法攻撃に優れた魔物を増やしたり、MP切れを狙ったり、ダンジョンの構造を複雑にしたり……と、様々な戦術を用意しなくてはなりません

斬新なゲームシステムですが、それに負けないゲームバランスが整っています。
若干難しめに

未知のゲームシステムに戸惑いながらも、トレーニングで勉強し、ストーリーモードで何度もゲームオーバーになり絶望を味わいながら、自分なりの戦略を生み出し、ストーリーモードで勇者を全滅させた時の喜びと来たら、何物にも変えられません!
そして、クリア後に新たに出現する裏ストーリーで再び絶望する……と。


ゲーム自体もよくできていますが、一方で、散りばめられたパロディネタの数々も見逃せません
ゲームストーリー自体が、魔物を使って勇者を倒すという、従来のRPGのアンチテーゼのような作品ですので、それを逆手に取った、見たことあるような勇者や、セリフが盛りだくさん。
更には、ジャンプネタ、ガンダムネタと、パロディ元も幅広い。ゲームなどに詳しい人ほどニヤリとできるのではないでしょうか。
最強の勇者「ユーテー」
スーパーグレートゴール勇者「げんぞう」と、お供の雑魚勇者「もりさき」
ギルギルとカイカイのコンビ
デス様、マオー来訪者、俺の屍でコケつくれ、僕にその手を汚せというのか戦闘力たったの5か…コケめ…

などなど、随所にネタが込められています。


そして、最後にBGM。
魔王と共に世界を征服するというダークなストーリーなのに、妙にノスタルジックなBGMが心に残ります
特に、魔物によって征服され、陰惨な結末を迎えるエンディングとミスマッチなノスタルジックBGMはインパクト絶大


センスを感じるゲームです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/355-a4e835b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。