ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
メタルマックス2メタルマックス2
(1993/03/05)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る



硬派で自由度の高いRPGといえば、言わずと知れたこの「メタルマックス」シリーズでしょう。戦車を改造して闘うRPG。


このゲーム、クリアするために絶対に通らなくてはいけないイベント数は全イベント数の約10%自由度の高さの証明です
知らずにやり始めた人は最初の四天王と戦う辺りで、まず詰まづくでしょうそいつを倒す前に、ちょっと寄り道をして新しい戦車を買っていれば楽なのに、その寄り道が、ヒントが少なくて見つからないのです
でも、クリアできる方法を見つけた時の喜びと言えば、とても、この稚拙な文章では表現しきれません。それくらいの自由度。
更に、四天王のうち2人は倒さなくてもクリアできます。 それくらいの自由度。
3人いる仲間を誰一人メンバーに加えなくてもクリアできます。それくらいの自由度。

また、戦車を改造できるのも楽しみ。普通のRPGで武器を買いかえるように戦車のパーツを組替えて改造する。これが、下手なシミュレーションゲームよりも面白い

そして、世界観。
製作者曰く、
  「西部劇のように強い物が偉い」
という世界観は、独特で個性的。 監獄に入れられるようなRPGはたくさんあるけれど、そこで労働奉仕をさせられるRPGはこれくらいの物でしょう

ラスボスのところまで行った後にチクチクと行ってないイベントをクリアするのもこのゲームの楽しみ方かもしれません。続編の「メタルマックスリターンズ」では更に、アイテムコレクターの血を騒がせる要素も加わって楽しさ2倍。

あらゆるところで、王道のRPGと一線を画しています。お勧めです。


ちなみに、このゲーム、RPG史上、最短でエンディングを見れるゲームです。オープニングイベントが終わったら、自分の家に居る女の子に話しかけて「はい」を選ぶだけ。見ててセンチメンタルな気分になるとは思いますが…。


更に余談ですが、「LOVEマシーン」は3322に尽きますね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/356-71814b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。