ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ファイナルファンタジー I・II アドバンスファイナルファンタジー I・II アドバンス
(2004/07/29)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る



一度は発売延期という苦難もありましたが、無事発売されて一安心。


難易度はオリジナルより大幅に下がってます。
PS版のイージーモードにあわせてあるということで…。
それどころか、FF1はMP制になってるし。
メッセージの漢字を平仮名に変更するような、活用率の低いシステムも搭載!
更に追加要素として、FF1には追加ダンジョン・FF2には追加ストーリーが搭載!
オリジナルをプレイしていた人から低年齢層までを含めた幅広い層を狙って販売されました


ただ、個人的な意見を言わせてもらいますと、「もっと面白く出来たのに勿体無い……」というのが正直なところ。

 
FF1に追加されたエキストラダンジョン、追加されたボスは16体でした。
ですが、あまり原作のボスの味を生かしきれておらず、結果として、約3分の1のボスの攻撃方法が即死攻撃という、ひねりの少ない行動パターンに陥っております。

「デス」       → 即死
「キル」       → 即死
「じしん」      → 即死
「ワームホール」  → 即死
「はないき」     → 即死


結果として、仲間を蘇生させる魔法か即死攻撃を防ぐ魔法が必須となり、白魔道士の株が上がりまくりというか、白魔道士抜きでプレイするだけで「やりこみプレイ」になります
もう少し、他のジョブのキャラが活躍できれば面白かったのに……。

あと、スカルミリョーネが変身するのに、ギルガメッシュが変身しないのは、えこひいきだと思います

 

FF2に追加されたエキストラストーリーも、ダンジョン2個分というコンパクトな内容で、発売前に開発スタッフが「FF2のエキストラストーリーの平均プレイ時間は10時間かな?」と言っていたコメントは、何だったのか!?

あぁ、そのプレイ時間の8割がレベル上げに要する時間なのですね。だから、1個目と2個目のダンジョンの敵のレベルが段違いなのですね。
納得…納得…って納得できるかぁー!

でも、追加ストーリーの方は、専用ラスボスまで存在していて、ちょっと嬉しかったりします。
その代わり、ダンジョン内のすべてのボスのグラフィックは本編のモンスターの使いまわしですが……。

もうちょっとダンジョン・シナリオのボリュームがあれば面白くなったのに…。
ということで、「ファイナルファンタジー1・2 DS」が発売されることを期待しましょう。
PSP版?? そんなのもあったね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/367-44dc1010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。