ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
幽☆遊☆白書 【3DO】幽☆遊☆白書 【3DO】
(1994/12/23)
PlayStation

商品詳細を見る



僕がプレイしたことのある唯一の3DOソフト


幽遊白書の格闘ゲームですが、グラフィックも綺麗だし、キャラの声もクリアで、3DOの凄さをまざまざと見せ付けられました
同じ幽遊白書の格闘ゲームだった、SFC版が霞んで見える出来。
(ハードの能力からして差は歴然ですが)

また、キャラが多い。
これはキャラゲーの魅力を語る上では欠かせないポイントです。
製作期間とアニメの放送期間の関係上、仙水編のキャラまでしか反映されていませんが、序盤の朱雀に始まり、終盤の仙水まで、多種多様なキャラが登場するので、お祭り気分になれます
PS2版の幽遊白書フォーエバーでも、大勢のキャラが登場しますが、何故か魔界統一トーナメント編にこだわった様子がみられ、序盤・中盤に登場するメジャーキャラを排除し、終盤に登場するマイナーキャラを採用するという変則的なキャラ選抜があったように思えてしまうので、今でも、PS2版<3DO版 という意識があります。

また、3DO版の魅力として、2VS2のタッグマッチが遊べると言うこと
仲間どうしで協力してCPU2人と戦ったり、1P+CPU VS 2P+CPUでタッグマッチしたり。
画面上に4キャラが入り乱れて闘う様はかなりド派手

個人的には、要の超必殺技「死紋十字斑:タンクローラー」が見た目も大きくて派手なんで好きでした。
大人しく、これをベースにしてPS2版を出して欲しかったなぁ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/371-6641c457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。