ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
かまいたちの夜 特別編かまいたちの夜 特別編
(1998/12/03)
PlayStation

商品詳細を見る



最初にプレイしたのはスーパーファミコン版です。
その後、リメイクされたプレステ版でクリアしました。
スーパーファミコン版では、雪の中で迷ったときですら、全ての選択肢を選ばないと金のしおりを出せず、完全制覇にいたらなかったので、途中で挫折してしまいましたが、こちらでは、金のしおり出現条件がかなり緩和されているので、助かります。
そうでなくとも親切設計。誰でも全てのエンディングを見ることが出来るでしょう。。。


内容としては、ペンションで起こる連続殺人事件を解決していく、ミステリー要素を含めたサウンドノベルです。

サウンドノベルというジャンルが、普及されてきた昨今ですが、このゲームのテキストとサウンドの一体化ぶりは、天下一品。

猫の泣き声にに驚かされ、
第2の殺人の時の怒りと憎しみと悲しみを全て一度に表現したような曲に心を奪われ
>悲しいエンディングを迎えたときのタイトル曲に切なくなり…。

そして、何度もプレイしたくなるようにちりばめられたエンディング。ユーモアのセンスも嫌味になりません
謎解きは、そこまで難しくは無いですし、何度もプレイすれば否応無くわかります。コマンドがあるわけでもなく、アイテムなどが手に入るわけでもない。選択肢をただ選んでいくだけというサウンドノベルの形式で、プレイヤーに謎解きをさせるアイデアには恐れ入ります。

サウンドノベルに触れようとする人は、ぜひこのかまいたちの夜からプレイしていただきたいものです


プレイステーションではリセットボタンを押すと電源が切れてしまうのがちょっと悲しいかなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/373-774c43d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。