ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相
(2006/07/27)
PlayStation2

商品詳細を見る



かまいたちの夜三部作の最終作ということで、かまいたちの夜の1・2をプレイしたことの無い人のために、かまいたちの夜1・2の両方が入っているというお得な作品。


「じゃあ、かまいたちの夜1・2いらないじゃん! 」
……そうなのですが、×3の中の1・2では、1・2のメインシナリオしかプレイできないのです。
たくさんあったサブシナリオは全くプレイできません。
なので、結局かまいたちの夜を完全に楽しみ尽くすためには、この×3とは別に1・2が必要になってきます

実に商売上手です


さて、かまいたちが、×3になって、大きく違ったのはシナリオの分岐方法です。

前の2作は、選択肢を選ぶことによってシナリオが分岐していました。
ゲームブックのような単純な分岐ですが、分かりやすく、バッドエンディングなどになった後も、選択肢に戻って、そこからプレイしなおすことができました。(PS版かまいたち以降)

今作の3では、これが複雑になり、
まず、主人公(サウンドノベル主観となるキャラクター)が4人いて、
主人公Aが選んだ選択肢が主人公BCDに影響を及ぼします。
そして、主人公Bが選んだ選択肢が、主人公ACDに影響を及ぼします。
こうして単純に枝分かれするシナリオ分岐が、他の主人公のシナリオに影響を及ぼす多重分岐に発展しています
もっとも、全ての選択肢が影響を及ぼすわけではなく、主に同じ場にいる主人公に影響を及ぼすのですが…。

この多重分岐は、ゲーム的には様々なキャラクターの観点からゲームをプレイできる上、一筋縄ではクリアできない…クリアできたとしても全てのテキストを見るのには膨大な時間がかかるという、やりこみも期待できます

が、シナリオ的には深みがありません

あまりにもキャラクター同士の絡み合いが複雑なので、全体のシナリオが短くなっているのです
メインシナリオをクリアするためには、4人の主人公全員が事件の最後まで辿り着かなくてはならず、同じような展開のシナリオを最低3回は読まなくてはならないので、シナリオが長ければ長いだけ苦痛を伴います

悪く言えば、作業のイメージが強いです
前の2作は、適当に選択肢を選んでも、選択肢のところまで戻りさえすればシナリオをやり直せるので、気軽に選択肢を選べました。要するに自由に選択肢を選び、物語を体験できるようになりました。
今作では、一度選んだ選択肢をやり直しただけでは物語を修復できず、その選択肢をやり直す前の他のキャラの選択肢をやり直したり、更にその前のキャラの選択肢をやり直したり…とやり直すのも複雑で、必然的にやり直すときを考えながらプレイする羽目になります。
加えて、主人公ABCDが同時に経験した物語を主人公ABCDそれぞれの視点から見なくてはならないので、同じテキストを読まなくてはなりません。

そして、ボリュームが少ないのはメインシナリオに限ったことではなく、1・2でお馴染みだったサブシナリオが皆無です

更に言えば、前作からの使いまわしのCGが多く、前作からの使いまわしの曲も多い
この辺は、チュンソフトの資金不足が原因でしょう。前作はあんなにお金をかけて豪華なスタッフを用意していたってのに
お金がないから、新しいCGを作る余裕が無くて、前作のCGを使いまわしまくりしたんだろうなぁ…と邪推してしまいます。

あと、サブタイトルがダサい
「×3」で「トリプル」と読ませるセンスは良いのに、「三日月島事件の真相」って……!!(前作は「監獄島のわらべ唄」)そのまんまですけれど、もう少し捻ってよ!!


ここまで批判的に述べさせてもらいましたが、シナリオは、さすが我孫子先生!!
何度もプレイすることで犯人やトリックがわかるようになる展開は、初代かまいたちの夜を髣髴とさせますし、愉快なシナリオも多々。
そして、最後の最後に意外な結末が!!
叙述きました!!ドンデン返しきました!!
詳しくは言えませんが、紺のしおりを出すところまではプレイして欲しいです。

多重分岐を上手く利用した叙述トリックです。
この結末が見せたくて主人公4人の多重分岐システムを導入したのか、このシステムを活かしたくて今回の叙述を思いついたのか分かりませんが、推理しながら……でも決して邪推はしないようにプレイして欲しいものです。
(真相は推理で導き出せる範囲にはなってます。フェア・アンフェアで言えば完全にフェア。)

ゲームのシナリオとしては好感が持て、ゲームとしては少々不満の残る作品です
最後まで遣り通せばストレスは解消されますが、途中で諦めたらストレスのままなので、プレイし始めた限りは最後までプレイしてください
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/375-5dd9d0fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。