ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
アーサーとアスタロト謎魔界村アーサーとアスタロト謎魔界村
(1996/08/30)
PlayStation

商品詳細を見る



魔界インクレディブル村


ステージ上に最初から存在するギミックと、自由な位置に追加できるギミックを組み合わせて、条件を満たせばクリアとなる知的パズルゲーム「インクレディブルトゥーンズ」
パソコンゲームとして世界的に大ヒットしたその「インクレディブルトゥーンズ」を魔界村のキャラクターたちにあてはめてやってみよう!という、大胆な発想から生まれたパズルゲームです。


具体的なパズルとしては、
「アーサーをゴールの扉まで誘導しなさい」というステージなら、
アーサーの「アイテムに向かって移動する」という特性を利用して、うまく敵や障害物を回避できるようにギミックを配置し、扉まで誘導していきます。
道中の敵を排除するためにパンチングマシーンを配置したり、スイッチを動かすためにロープをはったり……。
あらゆるギミックの特性を活用してクリアを目指します。数多のギミックの特性をすべて把握しなくてはなりませんが、チュートリアルもしっかりしているので安心です。

パズルのクオリティとしても、簡単なものから難易度の高いものまで多数のステージが用意されていて、解きごたえがあります。
そもそも元となった「インクレディブルトゥーンズ」が人気のパズルゲームゆえに、キャラクターをすげ替えただけの「謎魔界村」が面白くないはずがありません

ステージエディットまで存在し、プレイヤーの思いつくがままにステージを作成することも可能です。
至れり尽くせり。

ただ、このインクレディブルトゥーンズのアレンジを、なぜ魔界村でやろうと思ったのか?
疑問でなりません。
キャラゲーのくせに、キャラクター性がイマイチなこともありますが、
魔界村のラスボスたる「アスタロト」の扱いが酷すぎる
「アスタロトを倒せ」みたいなクリア条件のステージがあるのはわかるとしても、パンチングマシーンで画面外まで飛ばされたり、レッドアリーマーの炎で焼き尽くされたり爆弾で爆破されたりと、散々です
インクレディブルトゥーンズ要素をアレンジする際に、魔界村に代表的な「やられキャラ」がいなかったために、彼がやられキャラとして抜擢されたのでしょうけれど……。でも、仮にもラスボスですよ。自分1人では動けないわ、ほとんどの攻撃で即死するわ、好物が魚だわ……と、ラスボスの威厳が損なわれまくりです。
アーサーですら、鎧を脱いでパンツ一丁になることで、一発は攻撃に耐えられるのに
まぁ「魔界村」でのラスボス「アスタロト」も、その辺の雑魚より弱かったですが


せっかくの題材を、キャラクター性の薄い魔界村でアレンジしてしまったことは、カプコンのマーケティングミスだと思いますが、
しかし、それで良かったこともあります。
魔界村が題材ということで、ステージBGMが「魔界村」シリーズのBGMのアレンジになっているのです。これがなかなかのアレンジ。魔界村でお馴染みの名曲たちが、パズルゲーム用にしっとりとアレンジされています。他に例を見ない魔界村アレンジBGMだけに貴重。サントラが発売されていないのが、残念で仕方ありません。


まぁ結論から言うと、
ゲームとしても面白いし、BGMも良い



……あら?良ゲーじゃないか
全然誉めてない気がするけれど
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/381-d2574906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。