ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
すごろクエストすごろクエスト
(1991/06/28)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る


ボードゲーム風RPG


どの辺がボードゲームかと申しますと、
まず、フィールドがすごろくのようなマスになっていて、ダイスを転がし、その目の数だけ進めます。
そして、敵との戦闘もダイスを使って行われます。
RPGとして重要な移動・戦闘の部分でダイスを使うのです。
RPGが乱発され、ドラクエの模倣RPGが氾濫していた中、オリジナリティを出し、脱ドラクエを目指したことがよくわかる作品です。

…が、そのオリジナリティが見事に空振りしているのがこの作品なんです
戦闘では、プレイヤーと敵モンスターが同時にサイコロを振って、出た目が大きいほうが攻撃を。、そして、出た目の差が大きいほど高いダメージを与えます。
一応、レベルアップで出るダイスの目を増やすことも出来ますが、基本的にはランダムです。
運が悪いと、攻撃もろくにできず敵になぶり殺されます
そして、魔法を使うときもダイスを転がします。
敵の出す目より大きければ魔法は成功し、出た目の差だけ高い効果を得ることができます。
で、相手の出る目より小さかったらどうなるのでしょう??
そのときは、魔法は失敗します
そして、使ったMPは戻ってきません
そうなんです。戦闘中、ピンチになって回復魔法を使っても、失敗することがあるのです
もっとも、MPがある限り敵に攻撃されることなく何度でも魔法を使うことができるのですが、ランダムさのおかげで消費するMPが目安になりません。
そして、フィールドでの移動です。移動がダイスによるランダム移動なので、店に入るのも運次第、イベントマスに入るのも運次第、アイテムを手に入れるのも運次第……。
敵から逃げることで進んできたマスを戻ることができるが、唯一の救い……というか、これを活用しないとまともに進めません

ダイスを使ったRPGということで、非常に斬新なRPGに仕上がっていますが、それがどうも面白さに直結していないのがもったいないです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/383-eb30007e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
お花の事なら『花ギフト館』へ♪
2010/06/01(火) 19:33:32 | 花ギフト館のブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。