ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ドラゴンボール神龍の謎ドラゴンボール神龍の謎
(1988/08/12)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る


史上初のドラゴンボールを題材にしたゲーム。
数々のドラゴンボールを題材にしたゲームが発売されましたが、先にも後にもこのゲームより酷いのは見たこと無い


さて、このゲームはアクションゲームです。
2Dフィールドをうろうろする通常ステージと、格闘ゲームのような構成のボス戦の2つがあります。
普通にうろうろしていると、減っていく体力。岩などを砕いて出てくる肉を食べて回復できます。
すぐに空腹になる原作の孫悟空のイメージを再現していると言えば再現してますが、肉の出現はランダムなので、体力不足に悩まされることもしばしば
(「神龍の謎」と同じバンダイから発売された「オバケのQ太郎」も同じように時間経過による空腹で体力が減りますが、食べ物の位置が固定されているので、空腹になる行動をしなければ、空腹に困ることはありません。)
敵に攻撃されて体力が減る前に、時間経過で体力が減って死にます
敵の攻撃以上に空腹に悩まされるゲームです

そんな理不尽なシステムの上、アクション部分も高難易度。
ヤムチャでさえもやたら強いです……。


そんなキャラゲーらしいゲームですが、魅力もあります。
それは、後半のオリジナルストーリー
前半は、だいたい原作どおりに進むのですが、連載に追いついてしまい、そこからオリジナルストーリーに走ることになります
宇宙にドラゴンボールを探しに行くというオリジナルストーリーなど、先見の明がありまくり



理不尽極まりないのですが、当時小学生だった僕らは、「ドラゴンボール」というタイトルだけでゲームを買い、理不尽さも分からず何度も何度もプレイしました。
今思うと懐かしい思い出。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/386-db8a3bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。