ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ガイア幻想紀ガイア幻想紀
(1993/11/27)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る

GaiaGensouki001.gif

スーパーファミコン初期、エニックスから発売されたアクションRPG。


ゼルダタイプのダンジョンで、いたるところにパズル要素が詰まってます。
ゼルダがアイテムを駆使して謎解きをして行くのに対し、ガイア幻想紀は自身の特殊能力で切り開いていきます。新たな技能を修得したり、変身したり……。
そのパズル要素というのが、ゼルダに勝らずとも劣る出来栄えで、少々物足りません。
アクション部分も見た目はきれいですが、完成度はゼルダの方が上だと思います。(※ここで言うゼルダは、SFC版のゼルダの伝説のこと 「ガイア幻想紀」よりも前に発売されてます)


いえ、このゲームの真価は、パズル要素ではありません
シナリオ!!!
…………でもなくて、赤い宝石なのです
いたるところに落ちている赤い宝石。
全部で50個があるのですが、この赤い宝石を集めるのが熱いのです
一定の個数を集めるたびに、アイテムやパワーをもらえます。
用はドラクエの小さなメダルなのですが、宝箱として落ちているだけでなく、道端に落ちていることもしばしば。その目印は、小さな赤い光だけ…。非常に見落としやすいのです。
この赤い宝石を求めて、ひたすらダンジョンをうろついたり、ひたすら町をうろついたり……。
そしてすべて集めつくしたプレイヤーを持っているのは、隠しダンジョン+ラスボスより強い隠しボス!

ぬをー!そりゃあ意地でも集めたくなるってもので!
ただ、一度クリアしたダンジョンには戻れないんです。このゲーム。
だから一度でも取り逃すと、50個集まりません。
難易度高いです。


ということで、僕にとっては、変なところに思い入れのあるゲームです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/396-8add7020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。