ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
地獄戦士魔王 1 (ジャンプコミックス)地獄戦士魔王 1 (ジャンプコミックス)
(1994/08)
苅部 誠

商品詳細を見る


地獄戦士魔王(ヘルズウォーリアーまおう)は、ジャンプ黄金期に埋もれてしまった名作ギャグ漫画


地獄より呼び出された魔王こと「田中魔王」が目指すは、世界征服。
ただ、世界を征服した時に人類が絶滅していては意味がないと、世のため人のために善行を尽くすのだった………



基本的に悪である「魔王」を善人に仕立て上げることで生まれる、善悪逆転のギャップそこから繰り出されるギャグはかなりのハイクオリティ
更に、そんな魔王の元に、おつむの弱いエクソシストの娘がやってきたり、
魔王でありながら学校に通ったり
ストーリーの幅も広い。

シュール、ナンセンス、ブラック、下ネタなどを散りばめたギャグは、それなりにレベルが高いかと。


でも、残念なことに、これ打ち切り漫画なのよね
たった4ヵ月で連載は終了となりました。


理由はわかります。
圧倒的に画力が低い……というより、絵柄が個性的すぎる
人間離れした造形の顔が豊富で、生理的に受け入れられない方も多かったのではないかと
デフォルメされてかわいらしく描かれているキャラもいますが、それは逆に手抜きと言えるほど、薄っぺらい。
マスコットキャラであるところの「野獣」なんかも、キュートで萌えな要素を持ち合わせているものの、やはり、造形が濃いすぎて惜しいことになってる。もったいないキャラです。
まったく同じ内容を、土方茂が描いていたら1年は連載が続いたことでしょう

また、基本的にキャラクターがバカばっかりなのも、読みにくいかもしれません。
ツッコミ役が不在なので、登場キャラがひたすらボケまくり、収拾がつかないことも多々あります


以上のようなマイナス要素が障壁となり、読者を選ぶ作品となっていたのは事実です。
しかし、この壁を乗り越えることができれば、ジャンプ黄金期の屈指のギャグ漫画を堪能できることでしょう。


なお、作者の苅部誠氏はこの作品連載後に消息不明となってしまいました。
非常にギャグセンスのある作者さんだったので、本当に残念で仕方ありません。
このまま漫画を書き続け、画力が向上し、読者に受け入れられる作風を取り入れていれば、きっと一世を風靡できる漫画家になっていただろうに………。
素直に次回作が読みたかった!
コメント
この記事へのコメント
>メネコンさん
早すぎた名作ですね。
当時は、あのシュールさが受け入れられる土壌がまだ育っていなかったのかもしれません。
今でも十分通用するレベルだと思います。
2010/09/27(月) 10:58 | URL | anywhere #-[ 編集]
俺の中では名作です。
今でも読んでて声出して笑ってまう。
2010/09/26(日) 20:44 | URL | メコネン #-[ 編集]
情報どうもです!
……が、コミックスになっていないとな……そうなると、読むのは絶望的……。
なんか読める方法は無いものか。
と、その前に、その作品の正体を探らねば。
2010/07/15(木) 14:35 | URL | anywhere #-[ 編集]
何分昔で覚えてませんが、この後に一度連載持ってましたよ。
単騎集中連載だったのか、打ち切りだったのかコミックス出てませんが。
2010/07/14(水) 16:34 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/399-04c63c4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。