ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
農作業ゲー むしろ 作業ゲー




宇宙農業を営むゲームです。

面白い。けども、相当地味なゲームです。これは。
とりあえず派手さがありません。まったくないのです。

品種改良に成功しようとも、
害獣に作物がやられようとも、
コンテストに優勝しようとも、
特に演出が入るわけでもなく、淡々とゲームが展開していく。
プレステ初期の作品でもないのに、見た目の華やかさが全くないので、ライトユーザーの受けはすこぶる悪かったと思われます。

ゲーム自体も作業の繰り返し。
種を植える、品種改良する、害獣を追い払うトラップをしかける、収穫する、野菜を売る、コンテストに出品する………などやることは限られています。
また、品種改良は、かなり運に左右されるので、効率を求めていくと、セーブとロードの繰り返しになっていきます。

でも、地味ながら、コツコツと品種改良を重ねて狙いの野菜ができた時の喜びと言ったら、もう何物にも変えられません。
気付いたら、その作業がクセになってます。


また、単純な地味作業ゲームに絶妙なエッセンスを加えているのがセンスの良さ。

品質の良い野菜を作ると価値がでるのは当たり前として、
品質が極端に悪くなった野菜は、逆に価値がでるってのは、感心するアイデアです。

例えば、栄養を追究すると、
ビタミン豊富、精力増強、体力全快、万病治癒、不老長寿、死者復活、奇跡の秘薬
とランクが上がっていくのに対し、
栄養のなさを追究すると、
栄養不足、体に悪い、体がしびれる、呪いの毒用、即死注意、地獄へ直行
と毒としての価値が出て、高値で売れるようになるのはセンスの勝利だと思います。

酷いものになると、
「恒星サイズで水素より軽く死に至る辛さで
万病治癒な破壊不能で失神悪臭」
の野菜なんかも作れます。
シュールなゲームです。




PSPやPS3のアーカイブスでの購入がオススメ。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。