ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
「ドラゴンクエスト」ゲーム音源大全集1「ドラゴンクエスト」ゲーム音源大全集1
(2009/10/07)
すぎやまこういち(音楽)

商品詳細を見る


ドラゴンクエスト15周年記念に発売されたシリーズの全曲を収録したドラゴンクエストゲーム音源大全集3部作。
その第1部にあたる作品で、ファミコン版ドラクエ1~4を収録しています。
それだけでは寂しいので、携帯電話用着メロ集も収録。


「ファミコン版の音楽が全て入っているのか!すげぇ」
なのですが、注意すべきは、サウンドストーリーになっているということ。
サウンドストーリーとは何かと言うと、ゲーム中のBGMと効果音をつなげて織りまぜて、1つのストーリーに仕立て上げたものです。
具体的には、
町の曲→フィールドの曲→洞窟の曲→戦闘の曲→全滅の曲
と、メドレーにすることで、
「町からフィールドに出て、洞窟に入り、そこで戦闘となったが全滅した」という1つのストーリーを作り出しています。
更にそのメドレーの中で、
町の曲に町の人に話しかけた時の効果音を加えることで、町の人との会話を演出したり、
戦闘の曲の中でダメージや痛恨の一撃の効果音を加えることで、ピンチに陥っていることを演出したりしています。

正直、ゲームをプレイしたことのない人にとっては、意味不明でしょうが、ゲームに思い入れがある人ならば、そのサウンドストーリーからゲームをプレイした記憶が蘇ってくるに違いありません

ただし、この収録方法は、メリットでもありますが、デメリットでもあります。
思い出が蘇るという意味ではメリットですが、鑑賞においてはデメリットが多いと思います。
1つずつの曲として収録されていないので、好きな曲を単品で聞いたりだとか、頭出ししたりとかができません。また効果音が混じっているので、純粋なゲーム音楽としては楽しめません。


そして、着メロ集の方ですが、当時の携帯用の4和音なので、今聴くと、かなりショボイものがあります当時はこれが最高技術だったと思うと時代を感じますぜ。ずいぶん携帯も成長したもんだ。
今となっては逆に4和音の着メロの方が入手しづらいので、資料的価値は高いかもしれません。
ちなみに、着メロの性質上、1曲あたりの時間数が非常に短く、イントロが削られていたり、ループが変だったりします聴くに耐えないところもありますが、このあたりも資料的価値として捕らえれば良いかと



結論。
ファミコン時代のドラクエをやりこんだファン向けのサントラです。
おまけの着メロ集に期待しすぎると肩透かしを食らうので、ほどほどに。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/406-66280b95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。