ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
マニアごころをくすぐるキャラゲー




スーパーファミコン版のウルトラマンをそのまま進化させたらこうなりました。そんな作品。
緻密なところまで原作のウルトラマンが再現されていて、ファンも納得の出来映えではないかと。
例えば、バルタン星人のハサミが壊れるなんて、テレビ版のちょっとしたエピソードなのですが、それもバッチリ再現できるようになっています。
あまりにも、原作の再現度が高すぎて、「アントラーがスペシウム光線で倒せる!」「ピグモンがジェロニモンに殺される!」などと原作と違うポイントが何点か槍玉に上がっていますが、裏を返せばそんだけしかない原作との違いが際立つほど、他の部分で原作エピソードが重視されているということです。

怪獣同士・ウルトラマン同士などで戦える対戦モードもありますし、
怪獣図鑑にあたる怪獣墓場などもあります。


そして忘れちゃいけない帰ってきたウルトラマンモード。
帰ってきたウルトラマンとして、帰ってきたウルトラマンに登場した怪獣と戦っていくモードです。
要するに帰ってきたウルトラマンという作品が別に一本ついているようなものです
スーパーファミコン版のウルトラセブンから数多の年月を経て、続編とも言える帰ってきたウルトラマンがプレイできるとは!!
実に感慨深い。

ただボリュームは少ない……。
5時間くらいで隠しモードを含めて全てクリアしてしまいました。

バトル自体も難易度低めで、コツをつかんでしまうと、カラータイマーが変わる前に怪獣をボッコボコにして倒せてしまいます。
ウルトラマンの最強の敵であるゼットンすら危なげなく倒せます
スーパーファミコン時代のあの難易度はどこにいったのやら。

もうちょいなんか隠しモードがあって欲しがったかもしれません。




この次は、「ウルトラセブンがPS2で復活!おまけモードにウルトラマンAが入っている!!」というのを期待しているのですが未だに発売されていません。
がんばれ!ウルトラマン!負けるな!ウルトラマン!




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/43-9b711ef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。