ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
タイム・リープ―あしたはきのう (上) (電撃文庫 (0146))タイム・リープ―あしたはきのう (上) (電撃文庫 (0146))
(1999/05)
高畑 京一郎

商品詳細を見る


ある日突然意識だけが時間をジャンプする不思議な能力に目覚めた主人公。
どういうタイミングで時間がジャンプするのか、次はどの時間に意識が飛ぶのか、どの時間に何故その能力に目覚めたのか………果たしてその意味は?


レビューをしておいて言うのもなんですが、なんの前知識も仕入れないで読むのが一番良いかと思います
心から楽しみたいのであれば、レビューを読まずに今すぐ本屋に買いに出かけましょう。
多少の面白みが減っても、面白さの理由を知りたい方だけ続きをどうぞ。




さて、この作品の魅力というのはなんと言っても伏線。
ドラえもんにしろ、バックトゥザフューチャーにしろ、アズカバンの囚人にしろ、タイムワープ物は、視聴者が同じ時間を2回経験することで、「あぁ、さっきの時間に起きたことは○○という意味だったのか」と気づくことが出来ます。
この作品では、この伏線の張り方が絶妙。
最初から、「あぁ、これが伏線なんだろうな」というバレバレのものもあれば、後から「あぁ、これが伏線だったのか」という気づきにくい伏線まで。
1つ1つ伏線が回収されるたびにスッキリとした気分になれます
しかも、タイムワープ物でありながら、同じ時間を2度繰り返しません
このあたりがタイムワープものでありながら斬新ではないかと。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/440-5729789d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。