ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
鬼燈の島-ホオズキノシマ- 1 (ヤングガンガンコミックス)鬼燈の島-ホオズキノシマ- 1 (ヤングガンガンコミックス)
(2008/05/22)
三部 けい

商品詳細を見る


この漫画は作者曰く「ミステリー漫画」です。
ミステリー漫画と言っても、金田一少年やコナンのように探偵が出てくるわけでもなく、密室トリックや暗号が出てくるわけでもありません。
強調文
小説には、叙述トリックという、活字の文体を使ったトリックがあります。これは、「登場人物ではなく、読者に仕掛ける」、小説だからこそ可能なトリックがあります。
一方で、このホオズキノシマにも、漫画の手法をうまく活用して作り上げた、「読者に対して」のトリックが使われています。
視覚的表現を利用したトリックなのでテレビドラマやアニメ、更には小説でも再現は可能かもしれませんが、漫画という媒体が、一番、このトリックに合っている気がします
もっとも、そのトリックは決して、難しくありません。勘の鋭い方なら、最初の数話で気づくような代物。
難易度的には易しくとも、トリックは趣深い。
トリックの仕掛け方は、「ひぐらしのなく頃に」が一番近いかもしれません。
「ひぐらし」が出題編と解答編に分離されている一方で、こちらは、出題編と解答編を同時に展開している(オリジナル作品ゆえ、そうせざるを得なかったわけですが)あたりで大きく違いますが、本質は似てる…かな、と


ここまで書いておいて、言うのもなんですが、未読の方は、穿った見方をしないで、サスペンスを、ホラーを、サバイバルを楽しんで下さい。
素直に、3巻まで読んだら、さて、トリックはなんぞ。ミステリーはどこぞ。と読み直していくのが、一番この作品を愉しめる嗜み方ではないかと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/451-9e274eef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。