ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ファイナルファンタジー:アンリミテッドアフター~外界の章~ファイナルファンタジー:アンリミテッドアフター~外界の章~
(2002/05)
不明

商品詳細を見る


ファイナルファンタジー初のTVアニメ化!!
という謳い文句でやってきた「ファイナルファンタジー:アンリミテッド」ですが、CGが中途半端、ストーリーがFFらしくない、主人公が無口など、いろいろな問題点を抱えていた結果、映画業績が不振で予算不足に陥り、予定の半分の回数で打ち切りという悲惨な最期を迎えました。


で、そんな打ち切られた最終回の、後のエピソード(以降、アフターストーリーと言います)を盛り込んだのがこの~外界の章~です。

ちなみに、そのメインともいうべき、アフターストーリーは、一部に過ぎず、アニメストーリーダイジェストやら、ファイナルファンタジーアンリミテッド大辞典、スタッフ対談などでボリューム満点。
最終回の後の話にだけ興味があった僕には無用なページでしたが、実際その後日談の話のページはめちゃくちゃ少ないので仕方ありません……。


で、肝心のアフターストーリー。
これがまた予想を遥かに越えてました


アフターストーリーを語る前にアニメの方をお話しますと、

放送回数半ばで打ち切りということで、最終回間際に、バタバタと死亡キャラが出ました
敵の幹部2名が同時に死亡。
主人公の好敵手も死亡。
仲間キャラもバタバタ死亡。
そして主人公も死亡。
もちろん、ラスボスも死亡

それは別に良いのですが、この死亡ラッシュが最終回直前と最終回で全て処理されているという駆け足展開
いかにも打ち切りを髣髴とさせる展開でした。

そして、アフターストーリー。

話を続けるしても、主人公を含め、その他のメインキャラが全て死んでいる状態なので話の展開が不可能です。
その末に生み出された展開が……

実は誰も死んでいなかった!!!

さすがにラスボスは死んでましたが、
突発的に主人公復活、ライバルも復活
敵幹部も実は生きてた!!

という、唐突な展開で続々とメインキャラが復帰。

ちょっと待て、アニメの最終回は何だったのかと。
あんな後味悪い終わり方しておいて、結局全員生きてました………で納得いくのですか!?
そりゃあ打ち切りだったとはいえ、自分たちで作り出した最終回だったワケで。
それを否定したい気持ちはわかりますが、もうちょっと無理のない展開は作れなかったのかと。
特に何かしたわけでもないのに、バタバタと復活していく様に口が開きっぱなし

そして、結局、このアフターストーリーでも話は完結しないで、「つづく」になってました
打ち切りで終わった最終回から話を続けて更にそれを中途半端な状態で終わらす…………墓荒らしのような作品でした。




色々と酷いこと言ってますが、僕はこんな展開大好きです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/454-072fdba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。