ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
燃えろプロ野球燃えろプロ野球
(1987/06/26)
Array

商品詳細を見る


mepuro_000005.jpg
ジャレコが打ち出した野球ゲーム。


さて、このゲームを語る前に野球ゲームの歴史を語らねばなりません。


まず、ファミコン初の野球ゲームは、「ベースボール」でした。
このゲームは「ファミコンで野球ゲームが出来る」という事実が欲しかっただけで、ゲームとしての面白さは二の次になっていたように思えます。

これにゲームとしての面白さ---「チームの差」や、「キャラクターごとの能力値」など を加えた「ファミリースタジアム」がナムコから登場しました。
これが近代まで続く、野球ゲームの基礎となったことは間違いないでしょう
ファミリースタジアムは大ヒットし、毎年のように選手名などを変更し、マイナーチェンジされ、コナミのパワフルプロ野球が発売されるまで、不動の人気を保つことになります。

一方、そんなファミリースタジアムに対抗すべく登場した野球ゲーム
それがこの「燃えろプロ野球」だったのです。

ファミリースタジアムとは違う野球ゲームを目指したので、様々な新しい要素が登場しました。
・投手視点からの画面構成
・審判が「プレイボール」「セーフ」などと音声でしゃべる
 (とてもプレイボールとは聞こえませんが…)
・ホームランを打たれるとピッチャーが打ち崩れて嘆く
デッドボールすると乱闘が起こる
妙にリアルなピッチャーが出てくるタイトル画面

ゲーム部分もさることながら、演出部分にかなりの力が注がれていたことが分かります。

だから、バントでホームランなども演出です。
ファールの後だったら、どこに投げてもストライクになるのも演出です。

時代の革命児は、いつもこんな扱いなんですよ!


セガサターンが発売される頃に、中古ファミコンショップに箱説明書付きで売りに行ったら、「おいおい!燃えプロかよ!しかも箱説つきだし!」アルバイトの兄ちゃんに感激されたのも良き思い出です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/465-856a3c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。