ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
sonson00.gifソンソン
カプコン

商品詳細を見る
sonson01.gif


ファミコンのソンソン(カプコン)は究極的な作品でした。


ゲーム自体はシューティングのように、強制スクロール画面の中をひたすら敵を打って倒しながら進むアクションゲーム。
西遊記が舞台で、猿が1P、豚が2Pでした。
元々はアーケードで人気を博した作品です。
敵の耐久度も低く、ほとんどの敵が一撃。
敵が撃ってくる弾も、こちらの弾で破壊できるので、とにかく弾を撃つことが必要
全ての敵を倒さずとも先に進めるので、割とサクサク進んでいけるのが特徴でした。
画面に所狭しと出現する得点アイテムも、また魅力でした。


さてさて、どの辺が究極なのか…といいますと、
このゲーム、ファミコンに移植する際に、かなり苦労したようです。
そりゃファミコンの容量や処理能力なんて限界が見えてますからね
そこで製作スタッフが思いついた究極のアイデア!!
……それが







      「 妥 協 」  でした!!!!






一度に敵がたくさん出てくると、当たり前のように処理落ち。でも、妥協して、仕様になりました。


更に、画面の異様なちらつき
ファミコンのカートリッジがうまく刺さってないんじゃないかと、思ってしまうほどチカチカ輝く。


そして、画面の構成不具合
便宜的に、道となっているブロックを左から

←1234567890→

と名前を付けます。
そして、この順番にブロックが登場するとします。
また、画面には7つしかブロックが登場しないとします。
さて、1の位置が一番左に表示されるとき、普通なら、

<1234567>
と表示されるはずです。

しかし、実際のゲームでは、

<8934567>
と表示されるのです。
メチャクチャですよ。
ちょっと進んだら、

<9045678>
と表示されます。

ズレまくりです。
左の方のブロックはフェイクだらけです。
また、画面に登場するアイテム。アイテムの表示はズレてますが、アイテムの存在はズレてません。

だから、見えないところにアイテムがありますし、見えているアイテムが取れません

どんなプログラムを組んだらこんなことになるのか分かりませんが、これを仕様ですましているのは間違いなく確信犯です。


史上最強の妥協ソフト

妥協のレベルでは、摩訶摩訶に匹敵するかもしれません。
妥協ぶりを見たい方は、是非ファミコン版をプレイしてください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/561-c7bdc164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。