ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
金田一少年の事件簿 幽霊客船殺人事件    講談社ノベルス金田一少年の事件簿 幽霊客船殺人事件 講談社ノベルス
(2004/10)
天樹 征丸

商品詳細を見る



ノベルズ版金田一少年の事件簿第2弾。
前作がオペラ座館という原作譲りの舞台でしたが、今作は太平洋上が舞台


孤立した豪華(?)客船という閉ざされた空間の中で、次々と起こる殺人事件。
犯人・幽霊船長(ゴースト・キャプテン)は一体誰なのか!?
同じ客船上での殺人事件「ミシシッピ殺人事件」とは、かなり違った作品です

さて、この作品は、本格的なミステリノベルとして楽しめます。
前作のように、「映画の原作」や「漫画の金田一少年との繋がりを見せることに力を入れる」といった呪縛に縛られることもありません。
漫画版と同じ雰囲気で小説を楽しめます。
トリックもどちらかというと漫画向きですし。
漫画版がお好きな方にも、オススメできます

今思えば、これも、叙述トリックが使われてますね。
読んでいたときは「叙述」という単語を知らなかったので気づきませんでしたが、なるほど、小説ならではのトリックがしっかりと使われてます。
そういうこともあって、ノベルズ版金田一では、電脳山荘の次に好きな作品
でも、この作品で、さわやかな二枚目キャラとして登場する二等航海士を、実写ドラマ版で「石原良純」が演じていたのが許せません。悪夢だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/564-f85fece5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。