ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ワシズ-閻魔の闘牌 (1) (近代麻雀コミックス)ワシズ-閻魔の闘牌 (1) (近代麻雀コミックス)
(2009/02/17)
原 恵一郎

商品詳細を見る


「天」のスピンオフの「アカギ」のスピンオフの「ワシズ」です。
「天」に出てくる「赤木しげる」の若かりし頃の宿敵の「鷲巣巌」の若かりし頃を描いた麻雀漫画。


スピンオフですが、今回、福本伸行はロクにたずさわっていないので、福本流な言い回しや、モノローグはありません。しかし、それを補ってあまりある破天荒なエピソードの連発です。また、物語の進行ペースも速く、サクサク読めます。かなりの傑作…いや、怪作。


舞台は戦後、復興ままならぬ日本。「アカギ」で強大な資産家となっている鷲巣様が、いかにその財を成していくか…の伝記的な流れになっていて、もちろん、麻雀漫画誌に掲載されているので、麻雀を打つわけですが……。
これがまた強烈なエピソードばかり。

恐ろしいまでの豪運を持ち合わせている鷲巣様ですから、基本的な麻雀では負けないのですが、毎回特殊ルールに縛られた麻雀で勝負することになります。
ある時は首に縄をかけられ、ある時は首に鉄球をぶら下げられある時はコンクリートに詰められ……。毎回、圧倒的に不利な勝負をしかけられますが、天才的頭脳と強靭な肉体と持ち前の強運で粉砕していきます。知力体力時の運のすべてを兼ね備えているのだから、負けるはずがありません。なので鷲巣様の痛快な活躍を追うのが、この漫画の正しい楽しみ方

鉄球を回して空を飛んだり「上流階級のたしなみ」の一言で絶対音感をマスターしたり一本足打法でホームランを打ったり……。ギャグ漫画じゃないよ!?……多分
最近では、もはや麻雀すらまともに打たなくなってきましたが、麻雀なぞエッセンスに過ぎません。鷲巣様が活躍できれ、なんだっていいのです。
数々のネタ……じゃなかった、勇姿を披露して下さる鷲巣様に魅了されましょう。

こんな無敵の鷲巣様ですが、十数年後、10年麻雀を打ち続けてもまだ勝負が決まらない呪いがかかってしまうとは夢にも思っていなかったでしょう
まぁ、それはまた別のお話ということで。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/577-b042f4e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。