ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
サーカスチャーリーサーカスチャーリー
(1986/03/04)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

CircusCharlie0001.gifCircusCharlie0001.gif

コナミのアーケードで人気だったアクションゲームをファミコンに!
コナミのゲームが他のメーカーによって手がけられるなんて、珍しいこともあったもんだ。


ファミコンに移植されるに当たって、
6つあったステージが5つになったりとか、
ゲーム内容そのものが変わってるステージがあったりとか、
グラフィックがしょぼくなったりとか、
色々と変更があったようですが、ファミコン版しかプレイしたことの無い僕には関係ない話

まず、最初のステージの火の輪くぐりから始まり、綱渡り、玉乗り、馬乗り、空中ブランコ…とどのステージもサーカス尽くしの一作でした。それぞれがミニゲームになっていて、サーカスのアトラクションとミニゲームを上手く結び付けていたと思います。

そして、驚くことに、このゲーム、左から進んで一番右に到達するとゴールと言う、スーパーマリオタイプのアクションゲームなのですが、コース途中で左に戻れるのです。
迫る火の輪やサルにタイミングが合わなかったときに、堂々と後ろに下がって、タイミングを合わせることが出来るのです。これが、僕にとっては非常に新しい操作性だと思いました。てか、玉乗りとか、後ろに下がってタイミング計らないと、到底クリアできませんし。
ただ、いくらでも後方に下がれるため、空中ブランコステージでは、誤って後ろのブランコをつかんでしまい、戻りたくも無いのに、1つ後ろのブランコに戻される羽目になることもあります。
てか、空中ブランコのタイミングのとり方が難しくって、クリアできませんでした…。
いつもブランコから落下してました。しかも、このブランコはステージ5なので、このブランコをプレイするには、ステージ1~4をクリアしなくてはならず、タイミングを取る練習をすることすら中々できませんでした。何度チャーリーを転落死させたことやら


でも、結局のところ、結構楽しんでプレイしてました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/578-b1499cbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。