ゲームや漫画やゲームサントラのレビューのようなものの寄せ集めブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
[タグ未指定]
ロマンシングサガ2 1 (トクマインターメディアコミックス)ロマンシングサガ2 1 (トクマインターメディアコミックス)
(1994/07)
葉月 まゆみ

商品詳細を見る



コミック版ロマンシングサガ2。


コミック版ロマサガ1が、全2巻で、急展開の連続だったのに対し、ロマサガ2は全3巻なので、まだマシ………と言いたいところですが、
3巻というボリュームで、
ヴィクトール、レオンの死、ジェラールの王位継承、七英雄の各個撃破、最終皇帝と七英雄本体との決戦、エンディング
までを描くとなれば、やはり、怒涛の展開にならざるを得ません
七英雄が瞬殺されることもしばしば。
しかも、皇帝がたった一人で七英雄に戦いを挑んで勝ってしまうという
そもそも最終皇帝がジェラールの孫という結末なので、ゲーム内の時間も100年くらいしか経っていません
TASさんもビックリのスピードクリアです


それは良いとして、
ゲームがコミック化されるにあたって、一番期待される「コミックスオリジナル要素」。これがイマイチ。
オリジナル要素が無いわけではないのですが、コミック版ロマサガ1に比べて見劣りしてしまうのが残念です。
ロマサガ1は、「ゲーム内で解き明かされなかった謎に独自の解釈を加え、メインストーリーに盛り込む」という、ロマサガ1への愛が感じられる作品でした
しかし、ロマサガ2のオリジナル要素は、「ゲーム内のキャラクターに勝手に設定を加えたもの」で、ゲーム愛が感じられません。いや、愛情を感じないわけではありませんが、ディープさが足りない。
ロマサガ2という箱庭の中で、登場キャラクターにセリフや恋愛感情などを盛り込んで作られた話で、言うなれば同人誌ロマサガ1は学術書
同人誌や学術書に、それぞれ好みはあるとは思うのですが、せっかく商業誌での連載だったのだから、ゲームで語りきれなかった話題や、ゲーム内で分かりにくかった話題を盛り込んで欲しかったところ。同人誌なら同人誌として発売されれば良いのですから。

ということで、個人的な評価はあまりよろしくありませんが、決して、駄作なわけではありません。コミック版ロマサガ1が良すぎたのです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ff35.blog72.fc2.com/tb.php/595-d8f65d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。